いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

やまもといちろうゼミ

やまもといちろうゼミとは:社会保障を専攻テーマとする、やまもといちろう氏による放談コラム。投資家としての本業のかたわらで、「東京大学政策ビジョン研究センター」の客員研究員など、社会保障体制について鋭い視点をもつやまもと氏が、日本の社会保障の行く末について語ります。
高齢の肺炎患者を見殺しに?「肺炎の治療は積極的に行わない」というガイドラインの改定は、日本人の看取りの概念すら揺るがしかねない!?
15時限目

高齢の肺炎患者を見殺しに?「肺炎の治療は積極的に行わない」というガイドラインの改定は、日本人の看取りの概念すら揺るがしかねない!?

山本一郎です。今回は社会保障の歴史を見返しながら繰り返す貧困と高齢者の大波について解説を…と思っていたところ、経営者の大先輩が大変な闘病後に肺炎で亡くなったという残念な訃報(ふほう)が飛び込んできまし...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
“富を生まない高齢者”のためのお金は見返りの期待できない国庫負担。その財源は税金?それとも国債?いずれにせよ将来世代への借金なわけですが
14時限目

“富を生まない高齢者”のためのお金は見返りの期待できない国庫負担。その財源は税金?それとも国債?いずれにせよ将来世代への借金なわけですが

山本一郎です。息子たちと近所のお子様を連れてプールに行ったところ、お爺ちゃん今日も大変ですねとライフガードの方に言われてもがっかりしない程度には老け顔の自覚がございます。まだ44歳なんですけれども。 ...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
社会福祉法人は本当に必要?福祉・介護事業者の倒産が目立つのは、介護産業に創意工夫が足りないから!?
13時限目

社会福祉法人は本当に必要?福祉・介護事業者の倒産が目立つのは、介護産業に創意工夫が足りないから!?

山本一郎です。年始に44歳になりました。今年の年末年始は穏やかに家族と過ごし、何となく思い立って、あれだけ好きだったお酒を全部絶ってみたところ正月太りどころか4kgも体重が減りました。いままでどんだけ...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
“医療過剰時代”の到来も時間の問題。現役世代に社会保障のツケをぶん投げ「どうにかなる」と楽観視する原因は政治の貧困に他ならない
12時限目

“医療過剰時代”の到来も時間の問題。現役世代に社会保障のツケをぶん投げ「どうにかなる」と楽観視する原因は政治の貧困に他ならない

山本一郎です。高齢で闘病中の両親や家内、子供たちを連れて東京を離れ、先日少し暖かいところまで家族旅行に行ってきたのですが、昔はおそらくリゾートマンションであった建物が高齢者向け住宅に変貌しており、病院...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロボットや人工知能で日本の介護職は救えるのか!?第4次産業革命には期待しつつも、働きやすい環境整備が不可欠
11時限目

ロボットや人工知能で日本の介護職は救えるのか!?第4次産業革命には期待しつつも、働きやすい環境整備が不可欠

山本一郎です。先日、無事実母が退院して実家に帰宅しまして、老いた実父と一緒に介護まわりの世話が再開されたわけですけれども、正直さまざまなデスクワークや支払いの管理といった実務から、薬の飲み方、食事、買...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
人としての尊厳を保つためには、必要なのは財源であるという事実。「痛み苦しんで死にたくない」という感情論と現実論の、どちらでもない最適解とは?
10時限目

人としての尊厳を保つためには、必要なのは財源であるという事実。「痛み苦しんで死にたくない」という感情論と現実論の、どちらでもない最適解とは?

山本一郎です。美味しいものは先に食べる派です。 本稿でも「年間240万人という日本最大の人口ボリュームを擁する団塊の世代が、2025年以降後期高齢者入りしたとき、多数の高齢者の住まう首都圏など都...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
「人工透析患者を殺せ」論は想像力の欠如に他ならない。健康保険制度を不公平感なく持続可能なものにするためには!?
9時限目

「人工透析患者を殺せ」論は想像力の欠如に他ならない。健康保険制度を不公平感なく持続可能なものにするためには!?

山本一郎です。あまりにも尿酸値が高く、発作も何度か繰り返していたのでさすがにまずいと思って病院にいったところ「前から分かっていたんだから、早く来てください」と言われてしまったのは私です。 その尿...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護職員のワーキングプア問題。「労働生産性の低さ」の原因は“安くて高品質なサービスは当たり前”という日本特有の不条理な暴力
8時限目

介護職員のワーキングプア問題。「労働生産性の低さ」の原因は“安くて高品質なサービスは当たり前”という日本特有の不条理な暴力

山本一郎です。35年ぶりに自分の写真が発掘され、5歳から8歳当時の無垢で純粋な私自身が穏やかな表情で写真に収まっている姿を見て、月日の怖ろしさ、残酷さを改めて思い知った次第でございます。 ところ...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
国民年金5.4万円、生活保護14万円。どちらも貧困な独居老人なら、この不公平さは「制度上認められた悲劇」でしかない
7時限目

国民年金5.4万円、生活保護14万円。どちらも貧困な独居老人なら、この不公平さは「制度上認められた悲劇」でしかない

山本一郎です。最近さすがに暑いので、週3日のビールを解禁したところ、テキメンに体重が増えました。アベノミクスの風に乗って、体重もアゲアゲで頑張ってまいります。 ところで、先日、国立社会保障人口問...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1ヵ月の治療費300万円!新抗がん剤「オプジーボ」は、がん患者を救う一方で日本の社会保障を破綻の道へ!?
6時限目

1ヵ月の治療費300万円!新抗がん剤「オプジーボ」は、がん患者を救う一方で日本の社会保障を破綻の道へ!?

山本一郎です。身近に長年「タバコやめるぐらいなら肺がんになって死ぬ」と豪語していた方が、先日膀胱がんを患い肺にも転移されて亡くなられたのですが、いざがんの転移が見つかるとあまりの苦しさにタバコをかなぐ...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
各党マニフェストを徹底比較 国民の関心は安保関連の3倍以上!社会保障こそ争点なのに、政治家にとっては「パンドラの箱」
5時限目

各党マニフェストを徹底比較 国民の関心は安保関連の3倍以上!社会保障こそ争点なのに、政治家にとっては「パンドラの箱」

山本一郎です。休肝日を増やしたら、テキメンに体調が良くなりました。 今回お話するのは、参院選直前、与野党社会保障公約チェックです!といっても、今回の参院選は非常に低調で、国民からの関心度が国勢選...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
いまこそ歴史に学ぶとき。財源不足で社会保障が止まったら…まず犠牲になるのは、やはり公的補助の多い弱者から
4時限目

いまこそ歴史に学ぶとき。財源不足で社会保障が止まったら…まず犠牲になるのは、やはり公的補助の多い弱者から

山本一郎です。持病持ちです。 序盤から微妙な話をするようですが、今回の参議院選挙および都知事選挙、いずれも国民の関心事として争点の一位に「社会保障」が来ました。これは一過性のものではなく、おそら...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者のための費用は国債でまかなわれている!?財政的に維持できない日本の「右肩下がりの経済」のカラクリとは?
3時限目

高齢者のための費用は国債でまかなわれている!?財政的に維持できない日本の「右肩下がりの経済」のカラクリとは?

山本一郎です。揺れ動く新幹線の中で400ページの資料を読むという荒行を行った結果、目が充血した割にさっぱり頭に入りませんでした。残念です。 ところで、先日「『税金で高齢者を支えている』と思ったら...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
「税金で高齢者を支えている」と思ったら大間違い。実は勤労世代も5人に2人は逆に社会に支えられている
2時限目

「税金で高齢者を支えている」と思ったら大間違い。実は勤労世代も5人に2人は逆に社会に支えられている

山本一郎です。最近酒量を減らしたところ、少しの酒で酔えるほどに燃費が良くなりました。エコであります。 ところで、1時限目「高齢者の死に方について世界との違いを考える」の中で、高齢者の死に方、尊厳...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者の死に方について世界との違いを考える
1時限目

高齢者の死に方について世界との違いを考える

山本一郎です。酒を飲みながら本を読んだり論文を漁ったりするのも趣味のひとつだったのですが、酒を控えるようになってから論文を読んでも興奮しなくなりました。良いことなのでしょうか。 ところで、日本の...すべて読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
やまもといちろう

1973年、東京生まれ。1996年、慶應義塾大学法学部政治学科卒。データビークル取締役、イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。著書に『ネットビジネスの終わり』『投資情報のカラクリ』など多数のほか、フジテレビ系『とくダネ!』コメンテーターや報道番組のリサーチ業務、東京大学と慶應義塾大学で設立された「政策シンクネット」では高齢社会対策プロジェクト「首都圏2030」の研究マネジメントも行う。

やまもといちろう 公式ブログ 公式Twitter