いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

「みんなの介護」がNo.1の理由

利用者数No.1サイト
それが「みんなの介護」です

老人ホーム検索サイトの直近1か月間のPV数比較

みんなの介護
1,000万PV
A社
192万PV
B社
211万PV
C社
197万PV

現在、インターネット上にはたくさんの老人ホーム検索サイトがありますが、主要なものは4〜5社と言われています。その中でも、1,000万という圧倒的な月間PV数を誇っているのが「みんなの介護」であり、2位以下の倍以上の数字となっています。どうしてこれほど多くの方にご利用いただけているのか、その理由についてご説明しましょう。

アクセス状況分析ツール「SimilarWeb」を使用し、2016年12月度のアクセス状況を相対的に算出した結果です。

みんなの介護
業界No.1の信頼を得る5つの理由

紹介可能物件数が
全都道府県で業界No.1!

全国の老人ホーム・介護施設のご紹介をしている「みんなの介護」では、現在(2016年12月現在)、約8,000件超という施設からのご紹介が可能です。これは、大手と言われる他社の約4,100件を大きく上回るおよそ倍の数字となっています。 「こちらの施設は費用面がお安くなっていますよ」「あちらの施設はスタッフの方の対応がもの凄く懇切丁寧ですよ」など、介護施設を選ぶときに数多くの施設から比較検討が可能。いくつもの施設の特徴を把握している「みんなの介護」ならではの、引き出しの多さを実感していただけるはずです。

紹介可能件数の比較

みんなの介護
8,000件
A社
3,241件
B社
3,483件
C社
4,131件

インターネット調査で
見やすいサイトNo.1に選ばれました!

一番見やすいサイトはどれですか?

みんなの介護
no.1に選ばれました。
A社
B社
C社

「みんなの介護」は、なによりお使いいただく方にとっての“見やすさ”にこだわったデザインを構築しています。
また、空室状況をリアルタイムで更新する機能や、施設のパンフレットを閲覧・ダウンロードできる機能など、多くの人が「こんな機能が欲しかった」と思われるような機能を搭載し、老人ホーム探しをしている皆さまを万全の体制でサポートしています。
楽天リサーチによる市場調査でも圧倒的なNo.1評価をいただいている「見やすさ」を、ぜひ実感してください。

介護施設の検索のしやすさ
業界No.1の評価を得ています

一番検索しやすいサイトはどれですか?

みんなの介護
no.1に選ばれました。
A社
B社
C社

インターネット調査では、上記の“見やすさ”に通じる、情報の整理力=使いやすさについてもNo.1の評価をいただきました。
中高年の利用者の方も多いことから、普段パソコンやスマートフォンをあまり使わない…という方でも簡単に老人ホームを検索できるようなシステムづくりをめざし、日々、進化を遂げています。

情報の量・質・鮮度においても
業界No.1の支持!

情報量の多いサイトはどれですか?

みんなの介護
no.1に選ばれました。
A社
B社
C社

老人ホームの紹介ページでは、多ければ数十枚もの内観・外観写真を掲載している他、ユーザーの皆さんが気になる入居者情報や職員体制もご紹介しており、施設探しにとても役立つ情報をご提供しています。
また、著名人のインタビュー企画「賢人論。」をはじめ、「やまもといちろうゼミ」「中嶋よしふみの介護マネー道場」「宇佐美典也の質問箱」「介護対談」「ニッポンの介護学」etc、超高齢社会に突入した日本の介護体制、そして社会保障体制全体についての情報も満載!実際の市場調査においても、その情報量・質・鮮度において、No.1の支持を得ています。

ユーザー信頼度No.1
それが「みんなの介護」なのです

一番信頼できるサイトはどれですか?

みんなの介護
no.1に選ばれました。
A社
B社
C社

インターネット調査によれば、介護の情報を得るときにユーザーが最も重視しているのが、サイトの信頼性でした。
「みんなの介護」はサイトの信頼度調査においても業界No.1。サイト開設以来、“新しい”“正しい”“役に立つ”情報を発信してきました。おかげさまで、認知度の高まりとともに信頼していただけるサイトへと成長してきましたが、もちろんこれからも、皆様にとって有益な情報を発信していきます。今後の展開にもご期待ください。

インターネット調査では、こんな声もいただきました!

「親しみやすく、あたたかみのあるデザインが良い」(50代・女性)

「どこに何が書かれているかが分かりやすい」(50代・男性)

「写真がキレイで施設の魅力がよく伝わってくる」(60代・男性)

「介護について知りたい情報量が多く使いやすそう」(40代・男性)

「要介護の家族がいると、信頼できるサイトの存在はありがたい」(40代・女性)

【調査概要】 調査対象:40歳以上の男女、有効回答数:1000人、調査タイトル:介護施設の情報サイトの評価」、調査機関:2016年10月14日〜16日、調査方法:インターネットリサーチ、※調査実施委託先(株)楽天リサーチ

なぜ「みんなの介護」は
PV数業界No.1なのか?

施設の空室情報など常に新鮮な情報がアップされているから

「希望の施設に空室があるかどうか?」
老人ホーム探しをしている方の中には、そんなことを気にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。もし、気に入った施設があっても、空きがなければ入居できません。
そこで「みんなの介護」では、各施設のご協力もいただいて、空室状況をリアルタイムで更新。「今、空室があるのはどの施設なのか?」がひと目でわかる、とても便利な機能となっています。

介護ニュースやインタビューなどの最新情報が見られるから

「みんなの介護」では、介護に関連する社会的な動きや、日々進化を続ける高齢者医療についてなど、様々な情報を発信しています。 著名人への特別インタビュー企画「賢人論。」や社会保障問題に明るいやまもといちろうさんによるゼミ形式のコラム「やまもといちろうゼミ」、ファイナンシャルプランナー・中嶋よしふみさんによる「マネー道場」、超高齢社会を分析する「ニッポンの介護学」、元経産省官僚・宇佐美典也さんのQ&Aコーナー「宇佐美典也の質問箱」、ノンフィクション作家・中村淳彦さんが介護現場のリアルに迫る「介護対談」など、注目のコンテンツが目白押し! そのほか、ユーザー同士がつながりを持てるコミュニティスペースや、皆さんが気になる話題についてのアンケート調査なども毎日更新。 特に、アンケート・コミュニティはユーザー参加型となっているので、ぜひ皆さんも、活気あふれるコンテンツに参加してみませんか?

介護保険や介護施設の種類など介護の基礎知識を学べるから

介護施設の種類や費用や、わかりにくいことが多い介護保険の仕組み、高齢者に多い病気のこと、介護でありがちなトラブルなど、介護生活を送る中ではわからないことや不安に思うことがたくさんありますよね。
そんな時にお役立ていただけるような、「はじめての施設選び」というコンテンツをご用意しています。総ページ数は170ページ以上。1冊の参考書のようなコンテンツになっていますので、ぜひ介護生活の参考にしてみてください。

老人ホーム・介護施設検索はこちら