いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

在宅介護について

在宅介護は地域包括ケアシステムの中心

通所介護の選択肢は多いからこそ正しい知識を

地域包括ケアシステムの中心を担うことになっている在宅介護の現状について

「いくら年をとったからといって、老人ホームや介護施設には入りたくない」。

「生まれ育った家で最期まで過ごしたい」

そう思っている高齢の方も多いことでしょう。確かに、国の方針としても「住み慣れた地域で長く安心して暮らす」ということを目的とした地域包括ケアシステムの構築に力を入れていますし、実際に、特別養護老人ホームをはじめとした公的な介護施設は入居待ちの列ができており、そもそも希望の介護施設に入居できないという現状もあるでしょう。

しかし、家族による介護は、第三者が介入しないという安心感がある反面、家族だからこそのストレスにつながることは想像以上に多いものです。そこで活躍するのが、介護を担ってくれるホームヘルパーや、訪問して医療ケアを行ってくれる訪問看護師や訪問の医師など。

また、身体の状態によって外出できるようであれば通所介護、いわゆるデイサービスの利用も効果的に。事実、デイサービスの利用者数は近年、右肩上がりに伸びており、その需要に後押しされるように事業所の数もかなり増えています。

選択肢が増えてきたからこそ、「誰に」「何を」頼んで、「どこの」事業所を利用するかの相談をするなど、在宅介護についての知識・情報をしっかりと蓄えて、快適な在宅介護生活を送ってくださいね。

在宅介護について・インデックス

在宅介護サービスの種類
在宅介護をする上で、訪問介護や通所介護はなくてはならない存在。加えて、医療ケアが必要な方では、訪問看護ステーションや訪問診療といったサービスを利用することもあるでしょう。
「名前は聞いたことはあるけれど、詳しくは知らない…」という方のために、費用や具体的なサービスの内容など、在宅介護サービスにまつわる様々なコトについてご説明します。
地域包括ケアシステムとは?
政府の推計では、2050年には1人の若者が1人の高齢者を支えなければならない時代となると予想されています。
高齢化に伴う介護・医療を取り巻く問題を国として、そして国民として上手に乗り越えていこうとする厚生労働省の提案が「地域包括ケアシステム」。その具体的な内容や仕組み、地域包括支援センターの役割などについて解説しています。
地域包括支援センターとは?
地域包括ケアシステムの構築という御旗の下に「施設での介護生活から、在宅介護へ」と国の施策やサポート体制が変わっていくなか、在宅で介護サービスや介護予防サービスを受ける人は年々増加傾向。
在宅介護の心強い味方となる「地域包括支援センター」の設置数の推移データや、地域包括支援センターが持つ役割、サポート体制などについてご紹介します。
信用できるケアマネージャーの選び方
ケアプランの作成だけでなく、しっかりとケアプランが計画通りに進んでいるかを確認し、介護度の進行や家族の事情等にあわせて、次回のケアプラン作成に反映してくれるのがケアマネージャー。だからこそ、どのようなケアマネージャーにお願いするかによって、シニアライフは大きく変わります。
介護生活を送るための大切なパートナーとも言えるケアマネージャーですから、信頼できる人にお願いしたいところ。ここでは、信用できるケアマネージャーの選び方をまとめてみました。
介護リフォームのポイントとは?
介護保険では、高齢者の在宅生活における負担を少しでも減らすために、住宅の介護リフォームへの補助がありますので、介護認定を受けている人は利用することができますので、早め早めに、必要に応じたリフォームを検討しておきたいところ。
ここでは、介護リフォームに関する補助金の額や、リフォームの内容・条件など、介護リフォームに関してまとめてみました。
介護用品の選び方
ご自身、もしくはご家族が介護を必要とすることになったとき、より良い暮らしを実現するために必要となってくるのが「介護用品」です。
自分らしく日々を過ごすためにも、積極的に活用していきたい「介護用品」についてそれぞれの場面や用途ごとにまとめてみました。
ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!