いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームの現状

利用者のニーズに応えるフレキシブルな対応が魅力

住宅型有料老人ホームに入居して悠々自適に生活する高齢者、在宅介護サービスを利用して生活する高齢者

住宅型有料老人ホームは、施設内に介護スタッフが常駐していないため、入居中に介護が必要な方は、外部の介護サービス事業者と契約を結ぶことで、施設に入居しながら外部の訪問介護などの介護サービスを利用することができます。

基本的に館内で提供されるサービスは食事サービスと、緊急時の対応などの日常的な生活支援だけとなります。

介護付と住宅型の違いは介護スタッフが常駐しているか、外部サービスを利用するかの違いなので、どちらの有料老人ホームを選んでも介護サービスを受けることができます。

有料老人ホームの件数
介護付有料老人ホーム(4180件)
住宅型有料老人ホーム(5100件)
健康型有料老人ホーム(16件)
45%54.9%
出所:厚生労働省

全体的な棟数が最近になって急増しており、定員数は少ないながら、介護付有料老人ホームよりも多い数を誇るように。受ける介護サービスを選択できるというフレキシブルなスタイルを望む、利用者のニーズに応える形で、今後もその数を伸ばしていくものと考えられています。

住宅型有料老人ホームの特徴

費用・料金
入居にかかる費用は、入居一時金と月額利用料があり、一般的に月額では家賃・管理運営費・食費・水道光熱費などの雑費、その他介護保険の1割自己負担分が必要になります。
また、住宅型の有料老人ホームで介護保険を利用する場合は、自宅で訪問介護やデイサービスを利用する場合と同じように、介護度と地域によって1割負担で対応できる上限額が決まっています。
住宅型は、介護度の重い方では介護サービスを利用する回数が多くなり、介護保険の上限額を超えやすく、超えた分は10割、つまりすべてが自己負担となってしまいます。また逆に、介護度の低い方では、利用した分のみの介護保険1割自己負担となるため、費用が少なくて済むという面もあります。

≫有料老人ホームの費用の詳細はこちら

入居の条件 自立 要支援 要介護 入居期間 原則、終身利用
入居一時金
(目安)
0数千万円 月額利用料
(目安)
1025万円
入居条件
施設により異なりますが、60歳以上の方で、共同生活になじめる方で、自立から要介護の方までが入居の対象となります。また、身元引受人がいなかったり、感染症の方などは施設ごとの判断で入居が可能となります。
介護・医療
外部の介護サービス事業者、医療機関との連携による健康管理や療養に必要なケアなどの提供もしています。訪問看護により、結核やMRSAなどの感染症や、胃ろう、ストマ、気管切開などの医療行為の必要な方にも対応している施設もあります。
施設内での活動内容
住宅型有料老人ホームでは、居住することをだけを目的にした施設から、介護付有料老人ホームと同様、入居者が楽しめるようなサークル活動、イベント・レクリエーションなどを開催している施設もあります。
施設設備
基本的な設備は施設によって異なりますが、館内のバリアフリー化や緊急通報装置の設置、車イスや寝たきりの方でも入浴が可能な機械浴のある施設や、談話のできる共用スペースやリハビリルーム、カラオケ、麻雀卓などの設備が充実している施設もあります。
ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!