いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

有料老人ホームの費用

有料老人ホームの費用の特徴

老人ホームにかかる費用の内訳は?

有料老人ホームに入居する時に必要な費用は、大きく入居時に必要な入居一時金と、入居後に毎月支払う月額利用料の2種類に分けられます。

入居時に大きな負担となるのが入居一時金や敷金・礼金。昨今では0円という施設も増えてきましたが、1000万円以上、中には1億円を超える入居一時金が必要な施設もあります。

一方で月額利用料は、家賃や水道光熱費などの月額利用料に加え、介護サービスにかかる介護保険1割自己負担額や、介護・生活サービスにかかる追加料金、おむつ代などの日常消耗品など、その他の費用が含まれます。こちらは、おおむね20万円〜と見ておけば良いでしょう。

有料老人ホームの入居にかかる費用の内訳、入居時の費用:300万円(入居一時金)、月々の費用:17万円(月額利用料)、介護保険サービス1割自己負担:2万1000円(国・自治体による負担:18万9000円)、その他費用:1万円(介護保険対象外)、住宅型有料老人ホームで介護サービスを利用する場合は外部の在宅介護サービスを利用し、介護保険1割自己負担分を支払う

入居時にかかる費用

入居一時金
入居一時金とは、入居時に支払うことで、そのホームで終身にわたって生活する権利を取得するための費用です。
たいていの施設では、入居時に「30%」など一部が初期償却という扱いになり、残りが一定の期間内で少しずつ償却されていきます。償却期間内に入居者が途中退居した場合(死亡時も含む)、未償却分が返還されることになります(返還金制度)。
償却金についての説明(償却とは入居一時金の預かり分を、時間をかけて少しずつ消化していくこと)
 
返還金の例(入居金300万円、初期償却率30%(90万円)、償却期間60ヵ月(5年)の場合、契約時の初期償却は90万円(残額は210万円)、1年目の償却は42万円(残額は168万円)、2年目の償却は42万円(残額は126万円)、3年目の償却は42万円(残額は84万円)、4年目の償却は42万円(残額は42万円)、5円目で42万円を償却して終了、償却は月単位なので42万円÷12ヵ月=3.5万円ずつが毎月償却される
返還金の算出方法についての説明、返還金=入居一時金×(1−初期償却率)×(償却期間−入居月数)÷償却期間、算出方法は施設によって異なるので注意、この例で3年6ヵ月で退居した場合の計算例:300万円×(1−30%)×(60ヵ月−42ヵ月)÷60ヵ月=63万円
入居一時金をめぐっては、「退居をした時に、支払った高額な一時金が思っていたよりも戻ってこなかった」というトラブルが発生することが多々あります。
ホームを利用する権利として支払った一時金もあれば、介護費用や家賃分を一時払いした形式の一時金もあります。入居前には必ず重要事項説明書を読み、一時金の内訳と、いつ退去するとどれくらいの金額が返還されるかなどを確認しておくことが必要です。
その他・介護一時金
通常より多くの介護スタッフを配置する場合に、「上乗せ介護費」という項目が追加されることも。この上乗せ介護費は、月々の利用料に加算される場合や入居時に一括で支払うケースなど、支払い方法は施設によって異なります。支払い方法に関して「どちらかを選択」といった方式を採用している施設もあるので、入居前に相談してみてはいかがでしょうか。

月々にかかる費用

月額利用料の内訳

月額利用料の内訳は、家賃・管理運営費・食費・水道光熱費、上乗せ介護費など。賃料や管理費などは施設によって大きく異なる場合もあります。

賃料 家賃相当額
管理・運営費 職員人件費、共用施設の維持管理費など
食費 食材費、厨房管理費または、外部委託費など
水道光熱費 水道代、電気代、ガス代など
上乗せ介護費 入居者3に対して介護スタッフ1の割合が基準となるが、介護スタッフを増やし手厚いサービスを行う分を上乗せして徴収する場合も

介護保険1割負担額

介護保険に該当するの介護サービスを受けた場合にかかる費用です。介護度・地域により自己負担額が変わりますが、原則としてかかる費用の1割を自己負担します。

「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている介護付有料老人ホームは、介護保険の月額利用額は日割りで計算され、介護度に合わせて以下のように1割自己負担額が定額となります。

※「住宅型」有料老人ホームは、自宅と同様に介護サービスを利用した分だけの1割自己負担額になります。その場合の上限額を超える分は全額を自己負担することになります。

2015年度版/介護付有料老人ホームにおける介護保険報酬と自己負担額

  要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
介護保険単位数
(単位/30日)
15990 17910 19980 21900 23940
介護保険報酬
(円/30日)
159,900 179,100 199,800 219,000 239,400
自己負担額
(円/30日)
15,990 17,910 19,980 21,900 23,940
※2015年4月1日以降の介護報酬です

※上記の表では1単位10円で計算していますが、お住まいの地域によって1単位あたりの単価は変わりますのでご注意ください。地域や介護サービスごとに変わる換算率の詳細は介護保険・地域別単位加算表をご覧下さい。

その他の費用

おむつなどの介護用品・日常消耗品や、入浴や居室清掃などの介護・生活サービスの規定回数以上の利用により追加料金がかかる場合があります。その他、医療費などの介護保険内でまかなえない分が自己負担となります。

また、病院への通院の付き添いや外出も時間当たりのサービス費としてかかる場合もあるようです。月額利用料は毎月のこととなるため、入居前に不明な点は確認しておきましょう。

国の基準以上となる「上乗せサービス」とは

自己負担額を超えて介護費用が上乗せ介護サービスについての説明

老人ホームや介護施設で支払う介護保険料が、施設が「特定施設入居者生活介護」の指定施設であるかないかによって変わってくるというのは先ほどもご紹介した通りですが、こうした特定施設でも、上記の表にあるような自己負担額を超えて介護費用がかかってくる場合があります。

上記にご紹介した「特定施設入居者生活介護」の指定施設における介護保険の自己負担額を示した表に掲載している、保険給付サービスの金額以外に介護費用がかかってくるのは大きく分けて2つのケースがあります。

第1のケースは「上乗せサービス」と呼ばれるサービスで、国が定めた人員配置基準以上の手厚い介護体制を整えて介護サービスを提供する場合です。有料老人ホームのなかには、入居者の介護ケアをよりきめ細やかなものにするために介護保険制度で定められた「要介護者3人に対して1人」という水準以上の人員配置をしている施設があります。

施設情報や運営規定などで「2.5:1」「2:1」などと表記されているのがそのケースに該当し、国の定める基準以上に手厚い体制である分を上乗せして介護費用として利用者に請求します。

介護保険給付外の「横出しサービス」とは

介護保険給付外のサービスとなる横出しサービスについての説明

第2のケースとして挙げられるのがいわゆる「横出しサービス」と呼ばれるもので、利用者にとって必要であると判断され提供している介護サービスの内容が、性質上介護保険の対象外となっているサービスを指します。例として「規定回数以上の通院付き添い」「買い物代行」などが挙げられ、多くに外出支援などが当てはまります。

この場合も、介護保険料の適用外となりますので、かかる費用は利用者の全額負担となります。

「上乗せサービス」「横出しサービス」共に、どんな内容が実際に該当するのかなどは、施設再サイドから入居者に対して事前に情報や規定などを開示しています。入居してから予想外の追加費用がかかった…などということのないように、介護費用がいくらかかるのかをしっかりと把握して、入居先を検討していきましょう。

契約特記事項について

契約書に虚偽記載、費用の遅延、長期入院、契約違反、他入居者の生活に影響を及ぼす行動などがあった場合、施設側から退居を迫られることがあります。

契約解除について
契約書に虚偽記載、費用の遅延、長期入院、契約違反、他入居者の生活に影
保全措置
2006年4月1日以降に設置された有料老人ホームについては、倒産などの事態に備え、上限500万円の保全をすることが義務付けられています。これ以前の施設では保全がないところもありますので、事前に保全措置の有無を確認しましょう。
クーリングオフ
2006年7月1日から「契約から90日以内に契約を解除した場合、入居一時金は全額返還」するクーリングオフが適用になりました。ただし、入居していた期間の家賃や水道光熱費、食費などは支払わなければなりません。

安い老人ホームと高級な老人ホームの違い

老人ホームにかかる費用の内訳は?

老人ホーム・介護施設への入居で費用面でストレスを感じる様子

有料老人ホームを選ぶとき、どうしても気になるのがその料金。いくら快適な生活が過ごせる設備が完備されているとしても、金銭的な悩みを抱えながら生活するのはストレスがたまるものです。ましてや大切な家族に負担をかけてしまうとなると申し訳ない気持ちになりますよね。

だからといって極端に入居費用が安いところは、それはそれで不安を感じるでしょう。高い老人ホームとお手頃価格な老人ホームの違いは単純に施設がゴージャスであったり(共用施設の管理費など)、ホテル級のサービスが受けられたりするため(スタッフ人件費など)に差が生じている場合があります。

しかし、それだけではなく月額利用料にどこまで含まれているのかによってもかなりの差が生じてくるもの。月額が高めだなと感じるところは全て込み、お手頃価格だなと思ったところは最低限のサービスしか明記されていない、といったことが往々にしてあるのも事実です。

簡単に言うと先述した通りなのですが、一見同じようなサービスのはずなのに値段がかなり異なる施設もあるでしょう。その値段の差は、運営会社やその他の理由によって生まれているのかもしれません。施設選びをしている方にはちょっと気になる「高い老人ホームと安い老人ホームの違い」についてご説明します。

安い老人ホームの特徴は?

安い老人ホームと高級な老人ホームの違いについての説明

抑えめな料金設定ができる施設…それは、設備そのものが料金設定が高いホームより劣る場合があります。ただし、それであっても高齢者にとっては十分な設備がそろっているところが主。身体にハンデを持っている方も入浴できる設備などももちろん整っているでしょう。

まるで高級ホテルのような至れり尽くせりの生活とまでは行きませんが、不便を感じることはなさそうです。

また、大きな違いとして運営会社が挙げられます。比較的安い老人ホームに関しては全てとまでは言えませんが、NPO団体が運営しているケースが多いもの。社会福祉法人として利益よりも地域貢献を目的としているので、国や地方からの補助金などの優遇を受けています。その分、入居費用を抑えることが可能になるのです。

そして、特定施設入居者生活介護を受けているかどうかも重要。介護度や施設のある市町村によって違いはありますが、一般的に介護ケアにかかる費用の1割を負担すれば良いだけですから(食費等は除く)、月額の負担は一気に軽くなります。

一般住宅の住居費+αで入居が可能

安い老人ホームの場合、一般的な住居費用と大きな差はありません。規模の割には少々高いな…と感じたとしても、家賃だけでなく食費や光熱費が含まれているところがほとんど。国民年金で無理なく入居できる施設も多数あるので安心です。

<比較的安価な介護付有料老人ホームのプラン例:居室の広さ=18u>

入居時費用 入居一時金 0万円
その他一時金 0万円
入居時合計   万円
月額利用料 賃料 10万円
管理費・運営費 7.6万円
食費 3.24万円
水道光熱費 1.5万円
上乗せ介護料 0万円
その他 2万円
月額合計   24.34万円
※東京都内で想定。あくまで一例となります

高級な老人ホームの特徴は?

高価な老人ホームの最大の特徴はなんといっても施設の充実度。10畳以上の一人部屋でゆったりと過ごすことができたり、最新の介護機具でケアが受けられたりと大いに満足できるでしょう。

最近では介護を事前に予防する運動などを取り入れている施設が多いですが、高価なホームでは本格的なリハビリテーションルームを設置。中には一年中利用可能な専用温水プールまで完備しているところも。

また、運営しているのは民間企業であることがほとんど。入居者は言ってみれば大切なお客さまですから、手厚い介護・看護ケアと設備提供が期待できます。

そして、設備の豪華さだけでなく上乗せ介護費にも注目しておきたいところです。通常は入居者3人に対して介護ケアスタッフ1人が基本。入居者一人当たりのスタッフ人数を増やすと、別途上乗せ介護費が発生します。上乗せ介護費が高い場合はその分、スタッフが多いということですから手厚い介護ケアが大いに期待できるのではないでしょうか。

料金は高いけれど…満足度はお値段以上

安い老人ホームと比較すると、設備利用やその他に関する負担が多くなっています。金銭面はとても大切なことですから迷いも生じますが、満足度はかなり高いもの。老人ホームに限ってはお金を払えば払うほど、良いサービスが期待できる…といった傾向があるようです。

<高級な介護付有料老人ホームのプラン例:居室の広さ=36u>

入居時費用 入居一時金 3,100万円
その他一時金 0万円
入居時合計   3,100万円
月額利用料 賃料 10万円
管理費・運営費 13万円
食費 6.48万円
水道光熱費 3万円
上乗せ介護料 8万円
その他 3万円
月額合計   43.48万円
※東京都内で想定。あくまで一例となります

最近は「安かろう悪かろう」じゃない!?

料金が高い=充実した良い施設、安い=過度な期待はできない施設……と思ってしまうかもしれません。上記の違いを見ても、やっぱり高い方が良いに決まってる!と感じてしまいそうですが、近年では一概にそうは言えなくなってきています。

高いといっても施設だけが充実している場合もありますし、安くても少人数制でベテランスタッフからしっかりとしたケアを受けられる施設も存在しています。

まずは資料請求、そして見学といった流れでしっかり吟味することが大切。そしてご自身の経済状況にあった施設を選んでくださいね。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!