いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

みんなの介護ニュース

ニッポンの介護学

みんなの介護ニュースの最新記事・トピックス一覧

“潜在介護福祉士”の復職をバックアップ

兵庫県が3会場で支援講習を開始。“潜在介護福祉士”の復職をバックアップ

介護福祉士の国家資格を所持している一方で、介護・福祉の現場で働いていない“潜在介護福祉士”は、資格所持者の約4割に上るといわれています。人材不足が叫ばれている業界では、こ… すべて読む

佐川急便が高齢者支援など7分野で包括連携協定

大阪府に続いて横浜市でも締結。佐川急便が高齢者支援など7分野で包括連携協定

8月12日には大阪府と「包括連携協定」を締結したばかりの佐川急便ですが、8月22日には神奈川県の横浜市とも同様の協定を結びました。高齢者や障害者へのサポートをはじめ、横浜… すべて読む

介護予防運動トレーナーの養成講習会

要介護状態を防ぐ指導者に。介護予防運動トレーナーの養成講習会が参加者募集中

要介護状態を防いだり、できるだけ介護状態の悪化を防ぐには、栄養状態や運動機能を高めるだけではなく、心身の機能や生活環境などを総合的に整え、生活の質(QOL)を向上していく… すべて読む

宮崎県で無料の消費生活セミナーが9月から開催

悪質商法から高齢者を守れ!宮崎県で無料の消費生活セミナーが9月から開催

高齢者をターゲットとした悪質商法による消費者トラブルが深刻化しています。宮崎県では消費者生活センターに届いた相談の約4割が高齢者であり、消費生活セミナー『みんなで見守り、… すべて読む

高齢者の心の研究を学ぶための講座開催

高齢者の心の健康を学ぶために。東京都の医学研都民講座が10月に開催予定

高齢者の心の健康について関心が高まっています。なかでも、大きな注目を集めているのは「鬱」と「認知症」との関係性です。東京都医学総合研究所は10月20日に医学研都民講座『う… すべて読む

高齢化が進む団地を再生

高齢化が進む団地をどう再生させる?自治体や企業の取り組みが活発化

先日、お伝えしたニュースの中に、UR都市機構がセブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンと連携協定を締結し、首都圏および近畿圏を中心とする自社管理の団地内にコ… すべて読む

幼児教育の教材作成をお年寄りへ委託

子供とお年寄りの支え合いに向けて。幼児教育の教材作成をお年寄りへ委託する試み

核家族化が進むにつれ、子供たちが祖父母と触れ合う機会が著しく減っています。幼児と高齢者がともに過ごすことのできる「幼老統合施設」などの創設が進められていますが、福岡県の幼… すべて読む

千葉商科大学が独自の修学支援金制度を開始

介護業界の人材不足解消に向けて。千葉商科大学が独自の修学支援金制度を開始

慢性的な人材不足が懸念されている介護業界。その対策の一つとして、千葉商科大学では湖山医療福祉グループと協力して、独自の「修学支援金制度」を2017年度より新設することを7… すべて読む

「原発性骨髄線維症のメカニズムを解明

高齢者に多い「原発性骨髄線維症」。その発症メカニズムを日本の研究グループが解明

千葉大学大学院医学研究院の岩間厚志教授と熊本大学国際先端医学研究機構の指田吾郎特別招聘准教授の研究グループは、高齢者に多い難治性がんである「原発性骨髄線維症」の発症メカニ… すべて読む

食事と日光浴、サプリメントなどでビタミンDを補う

高齢者に不足しがちなビタミンD。食事と日光浴、サプリメントなどで補って

骨の形成を助ける栄養素の一つであるビタミンD。2015年版の『日本人の食事摂取基準』では、一日当たりのビタミンDの摂取目安量として、成人では5.5μgが推奨されていますが… すべて読む

高齢者向けの安全な漢方薬のガイドラインを作成

東北大学が世界初の取り組み。高齢者向けの安全な漢方薬のガイドラインを作成

古代中国を起源とする東洋医学の一種「漢方」は“経験医学”とも称され、西洋医学と比較すると診療効果の科学的根拠が乏しいといわれてきました。しかし、最近では科学的な手法を取り… すべて読む

ゴルフが認知症の予防に効果があるか検証

ゴルフが認知症の予防に効果大?国立長寿医療研究センターなどが実証実験を予定

超高齢社会のなか、さまざまなアクションが認知症などの予防に効果があるかどうかの検証が始まっています。国立長寿医療研究センターではゴルフ場などと協力して、ゴルフというスポー… すべて読む

生保・損保で保険契約内容の通知サービスがスタート

契約者の平均年齢上昇に従って。生保・損保で保険契約内容の通知サービスなどが続々と

高齢者人口が増加するに従って高齢化が進んでいるといわれている生命保険や損害保険。加入者の平均年齢が高まるにつれ、家族などに保険の契約内容などを通知する無料サービスが登場し… すべて読む

国土交通省がSUVの補助ミラー撤去防止に本腰

高齢者を巻き込む事故の減少に。国土交通省がSUVの補助ミラー撤去防止に本腰

車高が高いSUV(Sport Utility Vehicle)などによる子供や高齢者の巻き込み事故が全国で多発しています。2003年、国土交通省はサイドミラーとは別に補助… すべて読む

増加する視覚障害者の転落・接触事故

増加する視覚障害者の転落・接触事故。国土交通省が鉄道各社にあらためて対策を要請

国土交通省のデータによれば、視覚障害者の方が鉄道の駅のホームから転落したり、列車と接触したりする事故が、2009年度からの6年間で428件も発生していたとのことです。8月… すべて読む

岩手県警が2016年度上半期の特殊詐欺データを公表

岩手県警が2016年度上半期の特殊詐欺データを公表。件数は増加するも被害総額は半減

先日、警察庁が2016年度上半期の特殊詐欺の認知・検挙状況を発表しましたが、岩手県警も2016年度上半期の県内における特殊詐欺被害状況をまとめました。認知件数は前年同… すべて読む

女子短期大学が福祉体験会を開催

次世代を担う中高生が参加。長野県の飯田女子短期大学が福祉体験会を開催

長野県が実施している本年度の介護の次世代育成促進事業の一環として、8月19日に飯田女子短期大学は中学生と高校生を対象とした福祉見学体験会を開催しました。市内の学校へ通う中… すべて読む

お年寄りのインプラントの注意点

認知症高齢者が歯茎を傷つける原因にも?お年寄りのインプラントの注意点とは

昨今、口腔ケアの重要性が脚光を浴び、少しずつ身近になってきた新しい技術「インプラント」。何らかの理由で失ってしまった歯の代わりに人工歯根を入れるものですが、高齢者歯科診療… すべて読む

介護施設が人工知能(AI)の研究をスタート

これも日本初の試み?介護ロボットに続いて介護施設が人工知能(AI)の研究をスタート

このまま有効な対策がない場合、2055年には総人口に占める高齢化率が40.5パーセントにまで到達し、およそ2人に1人が65歳以上の高齢者という時代が到来するのではといわれ… すべて読む

が来年からの介護休業取得条件を緩和

新しい判定基準でさらに取りやすく?厚生労働省が来年からの介護休業取得条件を緩和

厚生労働省は7月8日に開催した有識者会議で、介護休業の取得に関して必要な判定基準を緩和することを決定しました。従来の要介護2から3相当だった要件を引き下げ、要介護2以上と… すべて読む