いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

みんなの介護ニュース

ニッポンの介護学

みんなの介護ニュースの最新記事・トピックス一覧

空き家数の実績値と予測値

空き家増加は財政破綻のバロメーター!?目指す地方移住は成功するのか?打ち出された「空き家登録制度」とは一体?

2017年4月19日、改正住宅セーフティネット法が参院本会議で可決されました。改正住宅セーフティネット法とは、全国の空き家・空き部屋を登録し、高齢者や所得の低い子育て世帯… すべて読む

養成の目標

介護福祉士を“チームリーダー”に。介護職員のキャリアアップにもたせた明確な方向性は機能するか!?

以前から議論されていたことではあるのですが、介護福祉士をチームリーダーにして、キャリアアップに明確な基準を設けようという議論が、あらためて動き出そうとしています。厚生労働… すべて読む

介護離職が増える理由

介護離職の増加は止まらない!?現状の介護休暇制度では、「介護離職ゼロ」は疲労が続く介護者の支援にはつながらない!?

介護離職とは、職についている方が、親族や身内の介護のために、会社を辞めたり、転職したりすることをそう呼びます。現場の最前線から離れてしまうため、企業にとっても大きなダメー… すべて読む

孤独死を身近な問題と感じるものの割合

高齢者の孤独死対策の現状は?高齢者の地方移住を推進するCCRC構想は機能するのか!?

「孤独死」とは、誰にも気づかれず、ひとりで死ぬことをいいます。たとえば、(独)都市再生機構が管理する賃貸住宅において、「団地内で死亡」「誰にも看取られることなく」「死後1… すべて読む

入浴中の事故死

入浴中の溺死者数が10年で1.7倍に!「お湯が熱すぎる」「10分以上の長風呂」など、高齢者にとって浴室には危険がいっぱい!?

日常にあまり刺激が薄れてくる高齢者にとって、入浴は大きな楽しみのひとつです。入浴は疲れをとり、嫌なことを忘れさせてくれる至福のひとときとなります。ですが、油断は禁物です。… すべて読む

新しい地域支援事業の全体像

「総合事業」がこの4月から本格スタート。自治体の独自色が強まる事業は吉と出るか!? ポイントは「ケアマネジャーのスキル」

2017年4月より、介護の総合事業がスタートしました。介護予防・日常生活支援総合事業および生活支援体制整備事業(整備事業)のことで、各自治体によって取り組まれています。自… すべて読む

犬猫飼育と主観的健康館との関連、性別

アニマルセラピーで高齢者の寿命は長生きかつ健康に!?動物を世話することで起こる効果とは!?

認知症高齢者のケアを中心として、アニマルセラピーやドッグセラピーが注目を集めています。動物とともに時間を過ごすことによって、ストレスが減少し、笑顔などが増え、動物の活動に… すべて読む

混合介護が導入されると

混合介護の導入は利用者負担を増加させるデメリットが!? “介護業界の活性化”に疑問符

2017年中に、豊島区で混合介護の実証実験がスタートします。特区を設けて、実際の問題点等をあぶり出そうというものです。みんなの介護ニュースでは、これまでも混合介護について… すべて読む

IoTのキーワードと全体像

介護職の業務の効率化…最終兵器はIoT(モノのインターネット)!? 具体的なIoTの活用方法とは?

IoTという言葉を聞いたことがあるでしょうか。IoTは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット」のことです。ありとあらゆるモノがインターネット… すべて読む

要介護状態になる前に備えて準備していたこと

介護未経験者の6割は準備不足!? だからこそ介護職員に求められる「精神的負担」「肉体的負担」へのケア

人は誰しも、人生の終わりには、体が思うように動かなくなることがあります。その時はじめて、深刻な老いを実感します。そのときに必要となってくるのが、家族のサポートです。… すべて読む

介護職員処遇改善加算の届出状況(届出の有無・加算の種類別)サービス種類別、規模別

処遇改善加算で介護職員は給料アップ!でも、小規模な訪問介護・デイサービス事業所は苦境に!?

国が発行する、介護職員の給与を底上げするための処遇改善加算。それによって、介護職の給与は平均して9,530円アップしたことが報告されています。給与はおおむね上昇しているも… すべて読む

介護職員処遇改善加算の届け出をしない理由

介護職員の給料は9,530円増!「処遇改善加算」の成果は出た…ものの、さらなる待遇改善のためにはICTの活用が必至か

平成27年度から、国と厚生労働省が主導して、介護職員の給与を上げる策に乗り出しました。その結果がでましたが、一定の効果はあったようにみえます。 昨年9月の平均給与額… すべて読む

40〜64歳が支払う介護保険料の平均が過去最高の5642円に…。“自己負担3割”がいよいよ現実味を帯びてきた!?

介護保険料が来年度、2017年4月からアップすることが明らかになりました。厚生労働省の試算によると、会社員では290円アップの5,642円(労使折半前)、労使折半のない国… すべて読む

介護福祉士の受験者数

介護福祉士試験の受験者が半減…20万円の受講費貸し出しだけでは、受験者減少の流れに“待った”はかからない!?

社会福祉振興・試験センターによりますと、国家資格である介護福祉士の、今年度の受験者数は7万9113人。昨年は16万919人だったため、1年で半減しています。これは、実務経… すべて読む

年齢・階級別 介護・看病疲れが動機の自殺者数

「介護・看病疲れ」による自殺者は、今年も250人超え…。今、介護者に必要な支援とは?

今、日本の自殺者は減り続けています。一時期は、自殺者といえば3万人を超えており、大きな社会問題的テーマとなっていたのですが、経済環境の向上とともに自殺者は減り、昨年度は2… すべて読む

介護人材のキャリアパス全体像

2018年度、介護職員給料を1万円上乗せ!?民進党の提案する『介護崩壊防止法案』で介護報酬引き上げなるか!?

今年、社会保障審議会によって介護報酬の臨時改定が決定しています。金額は1万円が上乗せされる形となります。第二次補正予算案にも20億円積み上げられ、賃金の積み増しに備えてい… すべて読む

有料老人ホーム数の推移 届け出の有無種別

未届けの有料老人ホームが443件の減少…も、まだ未届け率は約10%も。状況改善のために必要なこととは?

有料老人ホームは、2016年6月の時点で、全国に1万2,946件。そのうち、厚生労働省が都道府県や市町村などからヒアリングしたところによると、未届けのホームが1,207件… すべて読む

ヘルスリテラシー向上に対する戦略が極めて重要

“健幸都市”を目指して。介護費用抑制のために、「日本健幸都市連合」の取り組みは機能するか!?

2017年3月20日、健幸都市連合が発足しました。健幸都市って一体何でしょうか!?健幸都市連合はいったい何をしてくれるのでしょうか!?そこには、「何をしてくれる!?」とい… すべて読む

10年連続で介護施設従事者による虐待が増加…。各種データから見えてくる、虐待の防止策とは!?

介護施設において、介護職の従事者による高齢者への虐待が後を絶ちません。実際問題、データを見てみても介護施設における虐待は増えているのです。2006年度には相談通報件数27… すべて読む

ダブルケアをしているひと(ダブルケアラー)への支援として必要だと思うか

誰もが避けたいダブルケア…でも、約6割の人は“備えなし”。今、ダブルケアに必要な支援を考える

「ダブルケア」という言葉を知っているでしょうか。親もしくは義理親の介護と、子育てが重なることをいいます。これまでの世代では、結婚・出産が早かったため、子育てが終わってから… すべて読む