いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

みんなの介護ニュース

ニッポンの介護学

みんなの介護ニュースの最新記事・トピックス一覧

海外にも発信できるような日本式ケアモデルの構築,業務の生産性と効率性の向上,資質向上・キャリアアップの実現と専門性の確保,利用者本位の仕事観

介護報酬の臨時改定で1万円の賃上げが決定!さらなる処遇改善にはICTによる効率化が必要!?

ニッポン1億総活躍プランの中で、介護業界の賃上げが話題となりました。人材不足と低賃金といった介護業界が抱える課題を改善することをねらいとした施策です。声高に語られた施策で… すべて読む

運転者の若者・高齢者別死亡事故発生件数の推移

「臨時認知機能検査」が3月12日からスタート。逆走、信号無視など…認知症ドライバーによる事故対策に迫る!

もはや国民病と言っても過言ではない認知症。厚生労働省の推計によると、2025年の認知症高齢者は700万人超に上る見込み。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症患者と… すべて読む

老人福祉・介護事業の倒産年次推移,2016年の倒産件数は前年比42.1%増

2016年の介護事業の倒産は前年比42.1%増!事業計画の甘い安易な起業によるケースも…!?

2016年の、老人福祉・介護事業における倒産が、過去最高のペースとなり、業界に危機感をもたらしています。東京商工リサーチによると、倒産状況が、108件にものぼり、前年同期… すべて読む

人生の最終段階における医療の治療方針やその代弁者を定める書面の利用状況

「看取り介護」を提供している特養、老健は約7割を突破!課題はスタッフへの研修と精神的負担のケア

今後約5年間高齢者の人口は増え続け、いわゆる団塊の世代が75歳以上となる2025年に高齢者の医療、介護需要はピークに達するとされます。日本における死亡者数は年間約127万… すべて読む

要介護度別の特別養護老人ホーム入所申込者数の推移

特養を建てるための土地を民間から借りられるように…規制緩和で52万人とも言われる入居待ち高齢者は減らせるのか!?

国は2016年7月27日から、特別養護老人ホームを都市部に限り、民間からの土地貸与でも建てられる方針へと規制を緩和しました。これまでは、土地の貸与は、安定供給の面から、社… すべて読む

医療療養病棟の入院患者が退院できない理由

介護療養型医療施設の廃止が延長!?厚生労働省が計画している新類型の中身を検証する

厚生労働省は2006年に「療養病床」を、2011年度末をもって廃止すると決定しました。しかし、療養病床を有する介護療養型医療施設は介護老人保健施設などへ思うように転換され… すべて読む

厚生労働省による介護サービスの質の評価の視点

高齢者の自立支援に「インセンティブ改革」の効果は!? 悪質な介護事業者による“儲け至上主義”にも要注意!

政府は今月19日、高齢者の重度化を予防する取り組みで成果をあげている市町村を財政面で優遇すると発表しました。制度の枠組みを来年末までに決め、2018年4月から適用する方針… すべて読む

横浜市が実施している小規模多機能型居宅介護事業所整備促進事業,どのサービスを利用してもなじみの職員によるサービスが受けられる仕組みとなっている

デイサービスはすでに供給過多!?「小規模デイ」参入規制の背景を考察する

今月9日付で社会保障審議会介護保険部会は、介護保険制度の見直しに関する意見書をまとめました。この意見書のなかで、介護保険部会は、規模の小さいデイサービスの参入規制を導入す… すべて読む

厚生労働省による「地域共生社会」実現の全体像イメージ,我が事・丸ごとの地域づくり,サービス・専門人材の丸ごと化

厚生労働省が掲げる「地域共生社会」は机上の空論か…。“一体的な福祉サービスの提供”のために、縦割り行政システムの改善は実現するのか!?

今年6月に政府が閣議決定した「ニッポン一億総活躍プラン」。経済成長や働き方改革のほか介護の環境整備などに言及したこのプランのなかに盛り込まれた「地域共生社会」は、塩崎厚労… すべて読む

厚生労働省によるデータヘルスの発想イメージ図

データヘルス計画は医療費の削減につながるか。保険者の財政状況によっては“健康寿命の差”が生じる懸念も…

データヘルスとは、データ分析に基づく保健事業のこと。保健事業とは、医療保険加入者の疾病予防や早期発見、健康づくりを支援する教育、相談、保健知識を広めるPR活動などを保険者… すべて読む

厚生労働省による医療費の推移,過去最高額を更新したのは2015年度の41.8兆円

超高齢社会で「かかりつけ医」制度はどこまで広まるか。過去最高額を更新した41.8兆円の医療費を削減するための方策とは?

今年10月、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)は、「医療・介護制度改革に関する経団連の考え方」を公表しました。このなかで「医療保険における患者負担の適正化」に触れ、… すべて読む

厚生労働省による地域包括支援センターの設置主体の推移,社会福祉法人などに委託している割合は70.3%

地域包括支援センターは業務過多で機能不全!?高齢者や家族の相談ニーズが高まるものの、職員の力量不足が課題に

厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい、医… すべて読む

厚生労働省による介護人材需給推計

2018年の介護報酬改定前に介護職員の給与を引き上げ!キャリアに応じた処遇改善で離職に歯止めはかかるか

ニッポン1億総活躍プランの実現に向けて、政府は平成28年8月2日の閣議決定で、「未来への投資を実現する経済政策」の一環として介護士にまつわる報酬の引き上げをはっきりと提言… すべて読む

厚生労働省による仕事と介護の両立支援制度のイメージ

複雑な介護休業がついに改善!取得率アップを期待したいところだが、規制緩和はまだまだ困難!?

これまでは、要介護の基準として以下のようなものがありました。 ・歩行、排泄、食事、入浴、着脱衣のうちこの5項目で「全部介助が1つ以上」もしくは「一部介助が2つ以上」あり… すべて読む

財務省による生活保護受給者数の推移,2014年度の医療扶助は総額1兆7240億円

生活保護の医療扶助は年間1.7兆円!「頻回受診」「頻回転院」など医療機関と生活保護受給者のモラルハザードによる制度崩壊はまったなし?

厚生労働省によると、今年7月の生活保護受給者数は214.5万人(世帯数は163.5万世帯)。2000年以降、生活保護受給者および生活保護受給世帯数は右肩上がりで増加してい… すべて読む

大阪市によるごみ屋敷の原因者,年代別では70歳代がもっとも多く35件

「ごみ屋敷」居住者の6割は60歳以上の高齢者!?「ごみ屋敷条例」「空き家特措法」など法整備は進むも、ごみの強制撤去が進まない理由とは?

家屋に大量のごみを溜め込むいわゆる「ごみ屋敷」。周囲に広がる悪臭や衛生上の問題から、地域住民が迷惑しているケースも少なくありません。ごみの撤去を家主に申し立てても応じても… すべて読む

要介護者との旅行経験の有無,実際に旅行したことがある人の割合は28.5%

「トラベルヘルパー」「伊勢志摩旅行」etc…。約7割の「旅行をしたことがない」という介護者・要介護者に贈る、最新バリアフリー旅事情!

要介護の家族と旅行をしたいと考えている人は、意外と多く、大勢の人が家族との旅行を介護関係なしに楽しみたいと思っているようです。2016年9月3日〜4日にかけてインターネッ… すべて読む

保険外サービスを提供するにあたっての課題は株式会社の場合,人員の確保が困難であること,保険外サービスに対する利用者の理解(認知度・価格の高低)が低いこと

介護事業者の倒産件数が過去最多を更新!公取委が提言した「新しい混合介護」は経営安定化と人材確保の福音となるか?

公正取引委員会は、9月5日「介護分野に関する調査報告書」を公表しました。この報告書では「参入規制」「補助制度・税制」「介護サービス・価格の弾力化(混合介護の弾力化)」「情… すべて読む

利用者に対する介護の行為に着目した介護職の役割について,生活援助においてはキャリアによる差が生じず身体介護では資格の有無を問わずキャリアの差が小さい

介護福祉士資格の有無でキャリアが二分化!?無資格者からマネジメント職まで「介護職員のキャリアパス」を考察する

団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年には、後期高齢者が2,000万人を突破、介護を必要とする高齢者が激増するでしょう。来る2025年には約30万人の介護人材が不足… すべて読む

厚生労働省による介護保険の財政構成と規模

「高額介護サービス費」と「特定入所サービス費」が給付抑制に!?2025年度に8000円超の介護保険料は、現役世代も負担増は不可避

厚生労働省の資料によると、2016年度の介護保険の総費用は10.4兆円。介護保険が始まった2000年度と比較すると総費用は約3倍にまで膨らんでいます。高齢者人口の増大に伴… すべて読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10