いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

みんなの介護ニュース

ニッポンの介護学

みんなの介護ニュースの最新記事・トピックス一覧

厚生労働省による仕事と介護の両立支援制度のイメージ

複雑な介護休業がついに改善!取得率アップを期待したいところだが、規制緩和はまだまだ困難!?

これまでは、要介護の基準として以下のようなものがありました。 ・歩行、排泄、食事、入浴、着脱衣のうちこの5項目で「全部介助が1つ以上」もしくは「一部介助が2つ以上」あり… すべて読む

財務省による生活保護受給者数の推移,2014年度の医療扶助は総額1兆7240億円

生活保護の医療扶助は年間1.7兆円!「頻回受診」「頻回転院」など医療機関と生活保護受給者のモラルハザードによる制度崩壊はまったなし?

厚生労働省によると、今年7月の生活保護受給者数は214.5万人(世帯数は163.5万世帯)。2000年以降、生活保護受給者および生活保護受給世帯数は右肩上がりで増加してい… すべて読む

大阪市によるごみ屋敷の原因者,年代別では70歳代がもっとも多く35件

「ごみ屋敷」居住者の6割は60歳以上の高齢者!?「ごみ屋敷条例」「空き家特措法」など法整備は進むも、ごみの強制撤去が進まない理由とは?

家屋に大量のごみを溜め込むいわゆる「ごみ屋敷」。周囲に広がる悪臭や衛生上の問題から、地域住民が迷惑しているケースも少なくありません。ごみの撤去を家主に申し立てても応じても… すべて読む

要介護者との旅行経験の有無,実際に旅行したことがある人の割合は28.5%

「トラベルヘルパー」「伊勢志摩旅行」etc…。約7割の「旅行をしたことがない」という介護者・要介護者に贈る、最新バリアフリー旅事情!

要介護の家族と旅行をしたいと考えている人は、意外と多く、大勢の人が家族との旅行を介護関係なしに楽しみたいと思っているようです。2016年9月3日〜4日にかけてインターネッ… すべて読む

保険外サービスを提供するにあたっての課題は株式会社の場合,人員の確保が困難であること,保険外サービスに対する利用者の理解(認知度・価格の高低)が低いこと

介護事業者の倒産件数が過去最多を更新!公取委が提言した「新しい混合介護」は経営安定化と人材確保の福音となるか?

公正取引委員会は、9月5日「介護分野に関する調査報告書」を公表しました。この報告書では「参入規制」「補助制度・税制」「介護サービス・価格の弾力化(混合介護の弾力化)」「情… すべて読む

利用者に対する介護の行為に着目した介護職の役割について,生活援助においてはキャリアによる差が生じず身体介護では資格の有無を問わずキャリアの差が小さい

介護福祉士資格の有無でキャリアが二分化!?無資格者からマネジメント職まで「介護職員のキャリアパス」を考察する

団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年には、後期高齢者が2,000万人を突破、介護を必要とする高齢者が激増するでしょう。来る2025年には約30万人の介護人材が不足… すべて読む

厚生労働省による介護保険の財政構成と規模

「高額介護サービス費」と「特定入所サービス費」が給付抑制に!?2025年度に8000円超の介護保険料は、現役世代も負担増は不可避

厚生労働省の資料によると、2016年度の介護保険の総費用は10.4兆円。介護保険が始まった2000年度と比較すると総費用は約3倍にまで膨らんでいます。高齢者人口の増大に伴… すべて読む

厚生労働省による認知症初期集中支援推進事業のイメージ,2018年度ですべての市町村での実施を目標としている

厚生労働省の認知症施策に90億円を投入!「認知症高齢者700万人を地域で支える」施策の中身を検証する

昨年1月27日に厚生労働省が発表した「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」。資料によると、2025年には認知症高齢者は700万人にも上る見込み。なんと、高齢者の約… すべて読む

特定事業所集中減算によるケアマネジメントの中立・公正の確保の効果

ケアマネジャーの7割が「特定事業所集中減算」の効果に懐疑的…。2018年度に迫る介護報酬改定の行方はどうなる!?

要介護認定を受けた高齢者に欠かせない「ケアプラン(介護サービス計画書)」。ケアプランは、ケアマネジャー(介護支援専門員)が作成するもので、要介護認定を受けた高齢者の本人の… すべて読む

地域支援包括支援センターにおける生活支援コーディネーターの役割

「地域生活支援コーディネーター」の配置はなぜ進まない!?2018年4月までの配置を義務づけるも、業務負担の重さは深刻なハードル

国は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい、医療、介護… すべて読む

1年間の採用率・離職率,離職者の74.8%が勤務年数3年未満

介護事業者の採用意欲は旺盛だが、求人を出しても応募がない!?人材難のなか、介護職員の「早期離職」を防ぐための方策とは?

慢性的な人材不足に悩まされている介護業界。求人を出しても応募者がほとんど集まらず、採用に苦慮している介護事業者もいるかもしれません。また、せっかく苦労して採用した介護職員… すべて読む

厚生労働省による60歳以上の就業率,2015年は29.9%

医療、介護に就職した高齢者は過去10年で68万人も増加!安倍内閣が推し進める「生涯現役社会」にどう向き合う?

厚生労働省は先月、2016年版「労働経済の分析(労働経済白書)」を公表しました。今回の労働経済白書では、「高齢者の就労」について多くのページを割き、「労働力不足の減少に対… すべて読む

在宅復帰までのイメージ図

地域包括ケア病棟は医療と介護の橋渡しとなるか!?2025年に向けて在宅復帰支援ネットワークの構築が急務

急性期の治療は急性期病棟で行われます。地域包括ケア病棟とは、そこで治療を終えた患者さんが、介護施設で生活したり、在宅で生活したりなどが不可能な時、転院できる病棟としてスタ… すべて読む

ホームページで財務諸表を公表している法人数の割合,公表している法人は全体の4割にも満たない

社会福祉法人は問題だらけ?存在意義まで問い直す「社会福祉法人制度改革」の中身を検証する

多額の内部留保を溜め込む利益体質や理事長による私物化が問題視されている社会福祉法人。こうした現状を重く見た厚生労働省は、有識者会議「社会福祉法人の在り方等に関する検討会」… すべて読む

公正取引委員会による介護サービス利用者等が評価結果を参照しなかった理由,一番多かった理由は第三者評価制度のことを知らなかったからで,その割合は67.0%

介護事業者の「第三者評価」は機能不全!? 利用者の情報源はケアマネが大半。「介護サービス情報公表制度」の意義はどこに?

公正取引委員会は、先月5日「介護分野に関する調査報告書」を公表しました。この報告書では「参入規制」「補助制度・税制」「介護サービス・価格の弾力化(混合介護の弾力化)」「情… すべて読む

厚生労働省による要介護度別認定者数の推移,要介護の認定者数は15年間で約2.79倍

市区町村における要介護認定審査件数は年間6000件!審査の簡素化によって認定の負担軽減は進むのか?!

要支援・要介護認定者数は608万人(2015年4月時点)。介護保険制度がスタートした2000年の約2.8倍となっており、高齢化の進展に伴いさらに増加する見込みです。 介… すべて読む

厚生労働省による介護保険制度施行以降の介護職員数の推移,13年で116万人増加した

介護福祉士の「再就職準備金」に補正予算額10億円は妥当!? “潜在介護福祉士”の復職に必要な支援とは?

人手不足に直面している介護業界。介護人材を増やすために、国や事業者などが協働して、労働環境の整備から処遇の改善までさまざまな施策を講じているものの、目覚しい効果は得られて… すべて読む

国立社会保障・人口問題研究所によるアジア各国の高齢化率の推移,日本の高齢化率はアジアでも最も高い

海外の介護市場は500兆円!? 巨額のマーケットへの海外進出を政府も後押し。官民一体の戦略の行方は?

政府は7月、介護事業者の海外進出を後押しする方針を決定しました。アジア各国は日本ほどではないものの高齢化社会が進んでおり、高齢化率は20%ほどになると予測されています。社… すべて読む

財務省による新たな国有地活用策による初期投資負担の軽減,措置後は事業者の負担が5年間は11%に、5〜10年は22%に圧縮される

未利用国有地の活用で介護施設増設は進む!?特養待機者減に立ちはだかる課題とは?

昨今、頻繁に目にするようになった「介護離職」。「介護離職」とは、家族の介護や看護などにより、離職を余儀なくされることを意味します。介護を機に離職または転職した人は、年間約… すべて読む

総務省発表の家族の介護や看護のために離職・転職した人の数

介護離職ゼロに取り組む企業への助成金制度見直しへ!制度のシンボル「トモニンマーク」の導入は進むのか!?

「トモニン」マークをご存知でしょうか。トモニンマークは、介護離職を防ぎ、仕事と介護を両立させるための取組のシンボルマークです。厚生労働省が主催しており、助成金も出していま… すべて読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10