いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

みんなの介護ニュース

ニッポンの介護学

みんなの介護ニュースの最新記事・トピックス一覧

最期を迎えたい場所

24時間往診体制の問題点とは?高齢者の5割以上が「最期は自宅で」を望む一方で、現場からは“かかりつけ医の体力”と“家族の介護力”次第との声も

高齢者になると、医療とは切っても切り離せなくなります。日常生活に制限のない健康寿命と呼ばれる期間は、2013年時点で、男性が71.19年、女性が74.21年となっており、… すべて読む

民営借家に居住する低額所得世帯

単身高齢者は2025年までに100万人増!820万戸の空き家が「単身・借家」住まいの高齢者への活用が進まない理由とは?

日本は家賃の負担が非常に高い国だと言われています。自宅を購入している人でも、収入に占める住宅ローンの割合は非常に高く、可処分所得を小さくする原因のひとつとなっています。し… すべて読む

夜間形態の比率(施設)

介護職員の夜勤は「ワンオペ」が常態化。休憩・仮眠さえままらないのに…約3割の職員は夜勤明けの翌日も勤務している!?

慢性的な人手不足に直面している介護業界。労働力人口が減少しているなか、その傾向はさらに拍車がかかっています。厚生労働省によると、介護職の月別の有効求人倍率は2014年以降… すべて読む

新しい地域支援事業の全体像,従来制度を充実・多様化した新制度

「総合事業」で介護サービスに地域格差が出る!?移行期限が4月に迫った要支援者向けサービスを徹底解説

厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい生活を最期まで続けることができるよう、医療・介護・予防・… すべて読む

非正規雇用労働者の正社員化実現コースの創設,資格取得や就職訓練期間を1〜2年に延長。

認定介護福祉士の普及は介護職員のキャリアアップにつながるか!?国の職業訓練コース「介護福祉士」でも人材確保へ

介護は万年人材不足の業界だと言われています。給料がそれほど高くなく、場合によっては掃除洗濯など専門性も低く、誰にでもできる仕事である一方、入浴介助などの肉体を使い、また利… すべて読む

1施設あたりの平均待機者数,2013年11月から2015年11月にかけて17.7%減少

赤字に陥っている特養は約3割超!赤字化の背景には介護報酬改定と“待機者減”があった!?

東京商工リサーチによると、2016年の「老人福祉・介護事業」の倒産は108件に達しました。最多だった前年を上回っており、2016年の年間倒産数は過去最悪の結果となりました… すべて読む

地域包括支援センターの委託法人の構成割合

地域生活支援コーディネーターの人材確保はまだまだ不十分!?厚生労働省が掲げる「地域共生社会」までの課題は山積

これまでの社会福祉は、老人介護、障害者支援、子育て家庭など、必要とするニーズによって行政の担当部署が異なり、いわゆる縦割り行政になっていました。横の連携が薄く、利用者にと… すべて読む

混合介護のイメージ

混合介護が豊島区限定で解禁!?問題山積みの介護業界の福音となるか…そのメリット・デメリットを考える

2017年1月16日、日本経済新聞をはじめ各紙によって、今年度中に東京都豊島区で混合介護の解禁がなされると報じられました。 これは基本的には大変望ましいことで、介護事業… すべて読む

2017年度厚生労働省予算案社会保障関係費の内訳

「地域包括ケアシステム」の構築に向けた施策多数!2017年度厚生労働省予算案に含まれる「介護」3兆円の中身を読み解く

政府は、昨年12月22日、2017年度予算案を閣議決定しました。社会保障関係費などを含む厚生労働省予算案は、前年度比1.2%増の30兆6,873億円となっています。社会保… すべて読む

介護福祉士の登録者数の推移,現在の登録者数は118万3979人

介護業界の人手不足は一層深刻化!?「実務者研修」修了を義務づけ後の介護福祉士試験申し込み者数は前年度5割減の8万人に…

慢性的な人手不足に直面している介護業界。労働力人口が減少しているなか、その傾向はさらに拍車がかかっています。厚生労働省によると、介護職の月別の有効求人倍率は2014年以降… すべて読む

都道府県別の一人あたりの平均実質貸与額

福祉用具の価格の地域差は最大3割…。2018年度の介護報酬改定までに改善は進むのか!?

2018年10月、財務省は軽度者向けの介護サービスの適正化に向けて改革が必要だとの方針を打ち出しました。今回は、福祉用具の貸与のあり方について考えていきます。 福祉用具… すべて読む

作家・橘玲氏による安楽死法案に対する意見

【橘玲氏 特別寄稿】日本人の7割以上が安楽死に賛成しているのに、法律で認められない理由とは?

月刊『文藝春秋』2016年12月号に掲載された、脚本家・橋田寿賀子さんの「私は安楽死で逝きたい」が話題になっている。「夫との死別から27年、91歳脚本家の問題提起」と副題… すべて読む

アジア健康構想について

「アジア健康構想」で介護のグローバル化が進む!?2035年以降を見据えて、日本式介護の輸出が急務となっている理由とは?

政府、与党は、高齢化が進む中国やタイなどアジア地域に日本の介護システムを輸出する官民連携プロジェクト「アジア健康構想」を昨年夏にスタートさせました。アジアにおいて、急速に… すべて読む

2035年までのロボット産業の将来市場予測,2035年には9.7兆円まで伸びる見込み

「介護ロボットには介護できない」は本当なのか。入浴、着替え、排泄…現場にAIを導入するメリットとデメリットを総括!

2025年には団塊の世代が後期高齢者になり、人口減少と相まって、高齢化社会がピークを迎えるとされています。これがいわゆる、「2025年問題」ですが、その2025年問題と人… すべて読む

介護給付費の財源,総報酬割が導入される

早ければ今年8月に施行!持続可能な介護保険制度のためには高齢者と現役世代の負担増を避けられないのか

厚生労働省の資料によると、2016年度の介護保険の総費用は10.4兆円。介護保険が始まった2000年度と比較すると総費用は約3倍にまで膨らんでいます。高齢者人口の増大に伴… すべて読む

赤字経営・黒字施設の割合,在宅強化施設が16.9%,従来型施設が18.8%

介護老人保健施設の黒字経営は8割以上!“介護報酬減”でも経営の安定のカギは在宅支援にある!?

独立行政法人福祉医療機構が行った分析によると、2015年度の介護老人保健施設の経営状況が改善しつつあることが明らかになりました。「平成27年度 介護老人保健施設の経営状況… すべて読む

介護に従事する外国人の在留資格「介護」の創設

外国人介護士は訪問介護以外でも活躍できる!?日本人と同等の待遇、適正な労働環境…良質なサービス提供までの課題は山積

フィリピン、ベトナム、インドネシアの3国から、外国人介護士の候補者を受け入れています。EPA(経済連携協定)に従っての方針で、国は国家資格を与えて外国人介護士をいよいよ本… すべて読む

一般的に何歳頃から「高齢者」だと思うか,70歳以上からと答えた人が29.1%,75歳以上からと答えた人は27.9%

「高齢者は65歳以上」の見直しで、年金支給開始年齢はどうなる!?社会的に呼ぶべき“高齢者”の年齢を考察する

今月5日、日本老年学会(日本老年医学会など医師や社会学者らが参加する7学会で構成)などは現在「65歳以上」とされている高齢者の定義を「75歳以上」に見直す提言を発表しまし… すべて読む

海外にも発信できるような日本式ケアモデルの構築,業務の生産性と効率性の向上,資質向上・キャリアアップの実現と専門性の確保,利用者本位の仕事観

介護報酬の臨時改定で1万円の賃上げが決定!さらなる処遇改善にはICTによる効率化が必要!?

ニッポン1億総活躍プランの中で、介護業界の賃上げが話題となりました。人材不足と低賃金といった介護業界が抱える課題を改善することをねらいとした施策です。声高に語られた施策で… すべて読む

運転者の若者・高齢者別死亡事故発生件数の推移

「臨時認知機能検査」が3月12日からスタート。逆走、信号無視など…認知症ドライバーによる事故対策に迫る!

もはや国民病と言っても過言ではない認知症。厚生労働省の推計によると、2025年の認知症高齢者は700万人超に上る見込み。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症患者と… すべて読む