いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

サービス付き高齢者向け住宅の選び方

サービス付き高齢者向け住宅の設備について

サービス付き高齢者向け住宅の条件とは

サービス付き高齢者住宅は、共通して以下のような設備があります。

  • 居室面積は25u以上(浴室やキッチンが共用の場合は18u以上)
  • バリアフリー構造
  • 居室内にキッチン、水洗トイレの設置
  • 安否確認・生活相談サービスの提供
  • 居室内に緊急呼び出しボタンの設置

入居できるのは、原則として60歳以上。サービス付き高齢者向け住宅は、一般的な賃貸住宅に近い位置づけで、自立的な生活を送ることができる住宅とされています。しかし、いざという時には適切な対応やサービスを受けられる体制になっています。

というのも、サービス付き高齢者向け住宅が、必ず提供しなければならないサービスとして、「安否確認」と「生活相談」が規定されているから。万が一の事態への対応についてはきちんとした取り決めがあり、だからこそ“高齢者向け”としての機能が確保されていると言えるでしょう。

食事の提供や介護(入浴、排せつの介助など)、生活支援(買い物代行、病院への送り迎えなど)のサービスが提供されるかどうかは、各住宅により異なりますので、入居前にしっかりと確認しておきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ時のポイント

サービス付き高齢者向け住宅の入居先を選ぶにあたっての説明

サービス付き高齢者向け住宅では、「安否確認」と「生活相談」以外の介護サービスについては、住宅ごとに提供できる内容はまちまちとなっています。

入居を決める前には、どんなサービスがあるのかを事前にチェックすると同時に、実際の雰囲気を肌で感じるために見学に行くのがオススメ。介護サービスや医療サービスは、入居時には必要なくてもその後に必要となる場合もありますので、提供可能なサービスの内容を把握しておくと良いでしょう。

サービス内容についてのチェック項目の例

  • 食事のサービスはあるか?(利用した分だけ支払う、というところが多いようです。食事サービスがないところもあります)
  • 介護事業所やデイケアセンターが併設されていて、介護サービスが受けやすいか?
  • 介護・看護の24時間対応サービスはあるか?
  • その住宅が「特定施設入居者生活介護」の指定は受けているか?(受けている場合、介護保険の給付対象となり、その住宅内で有料老人ホーム並みの介護サービスが受けられます)
  • 提供可能な医療サービスは?
  • 認知症患者に対する対応は?(対応可能な住宅が増えてきましたが、対応不可としているところも)

サービス付き高齢者向け住宅の費用について

詳しくは「サービス付き高齢者向け住宅の費用について」のページにご紹介していますが、入居時に敷金を支払う必要があったり、家賃も月払い方式や前払い方式があったり。施設によって、また運営会社の運営方針によって取り決めは異なるため、こちらも事前にしっかりと確認しておきましょう。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!