いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

介護保険料を滞納してしまったら?

介護保険料の滞納について

介護保険料の支払い方法

介護保険料を滞納した場合の対処・措置について

2000年に開始された介護保険制度では、40歳以上になると、保険料の支払いが義務付けられていますが、万が一滞納してしまったときはどうなるのでしょうか? まずは保険料の支払い方法から確認していきましょう。

「介護保険の仕組み〜介護保険料はいつから、どのように支払うの?〜」で説明した通り、介護保険料は第1号被保険者(65歳以上)と、第2号被保険者(40歳から64歳)とで支払う方法が異なります。

第1号被保険者(65歳以上)の方は、年金年額が18万円以上の場合、年金から天引きとなります(対象は老齢基礎年金、厚生年金などの老齢年金(退職年金)、遺族年金、障害年金)。 年金年額が18万円未満の場合、または年度途中で65歳になった人は、納付書により市区町村に直接納付するか、口座振替で支払うことになります。

第2号被保険者(40歳から64歳)は、会社などで健康保険に加入している場合、健康保険料と同じように給与から天引きとなります。自営業などで国民健康保険に加入している方は、世帯主から世帯の全員分を国民健康保険料と一緒に支払います。

保険料を滞納してしまったらどうなる?

介護保険料を滞納すると延滞金がかかることも

介護保険料を滞納した場合の延滞金について

現在は、ほとんどの場合天引きや口座振替での支払いとなっていて、納付書で納めることは少なくなっています。しかし、納付書で支払わなければいけない時に、うっかり忘れてしまうこともあり得るでしょう。また、金銭的に支払うことが苦しいというケースもあるかもしれません。

では、保険料を滞納してしまった場合にはどうなるのでしょうか?

対応は地域によって異なりますが、基本的には納付期限以降20日以内に督促状が発行され、督促手数料、延滞金がかかることに。その督促手数料や延滞金の金額は地域によって異なります。

督促手数料は、たいてい70円〜100円くらい。延滞金に関しては、納期限の翌日から納入日までの日数に応じて算出されます。これも地域により異なりますが、期限の翌日から1ヵ月を経過するまでは約7%、1ヵ月を経過した日から全て納めるまでは約14%、などとなっているところが多いようです。

介護保険料の滞納が長く続くと…?

滞納の対応に関しては、税金などと同様ですね。その後も滞納状態が続くと、さらなる措置がとられることになるので要注意。

<第1号被保険者(65歳以上)>
・介護保険料を納期限から1年以上滞納した場合 利用料金の支払い方法が変更になります。通常であれば、利用した介護サービスの1割を負担すれば良いところを、いったん全額を支払わなければなりません。その後、滞納分の納付が完了したら領収書等を提出し、申請をすることによって、負担した分の9割が返還されます。
・納期限から1年6ヵ月以上滞納した場合 介護保険給付が、一時差し止めとなります。介護サービス費用を全額支払うことになり、さらに、後日申請すれば払い戻されることになっている金額が一時的に差し止めに。差し止められた介護保険給付額を、滞納している介護保険料に充てることがあります。つまり、払い戻しの請求をしても、戻ってくるはずの9割部分が戻らないということになるのです。
・納期限から2年以上滞納した場合 自己負担金額が1割から3割に引き上げられます。保険料は納期限から2年を経過すると時効により納められなくなるので、注意が必要です。
<第2号被保険者(40〜64歳以下)>
・保険給付の差し止めが行われる場合があります。介護保険料は医療保険の保険料とあわせて納めることになっていて、公務員や会社員の場合は、通常、給与からの天引きになっているため、滞納は起こりにくくなっています。しかし、医療保険の保険料も滞納している場合には、保険給付がすべて、または一部が差し止めになる場合があります。

介護保険料滞納の時効ってあるの?

保険料は納付期限から2年を経過すると、時効になり、支払うことができなくなります。時効が成立した介護保険料は、未納が確定し、その記録はお住まいの市区町村に保管されます。

では、その後はどうなるのでしょうか?

介護保険料を滞納し続けた場合の措置について

要介護認定時に、過去10年間に時効が成立した介護保険料があると、その滞納期間に応じて一定期間、自己負担金額が1割から3割に引き上げられることに。また、この期間は高額介護サービス費(※)の払い戻しを受けることができなくなってしまいます。

(※高額介護サービス費とは、同じ月に1世帯が利用した介護サービスの利用者負担(1割)合計額が所得区分に応じた上限額を超えたとき、超えた分を後から申請すると「高額介護(介護予防)サービス費」として介護保険から支給されるものです)

介護保険制度では介護保険料やサービス利用料の支払いが困難な場合、一定の要件のもと減免を受けられる制度がありますので、お住まいの市区町村の担当窓口で相談してください。

滞納していた場合、実際に介護サービスが必要になった時に困るのは、他でもないご自身です。

高齢になった時、介護費のすべてを全額負担していくことは、非常に難しいこと。今、介護サービスを利用しないからといって、介護保険料の支払いを拒否すると、結局は自分に返ってくるということを意識してくださいね。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!