いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

ALSの症状・治療法について知っておこう

ALS(=筋萎縮性側索硬化症)とは

高齢者に発症率が高いのがALSの特徴

ALSとは、筋萎縮性側索硬化症のこと。日本には約9000人の患者がいるとされており、厚生労働省管轄の軟磁性疾患克服研究事業の臨床調査研究分野として認定されている疾患、つまり特定疾患として認定されています。

もっと噛み砕いて表現すると、つまりは難病ということ。人口10万人に1人〜3人という比較的珍しい疾患ではありますが、発症が60歳〜70歳の高齢者に多いことから、高齢者というくくりで見ると、もう少々発症率が高いと言えるでしょう。男性の方がやや患者数が多いものの、男女差はほとんどない疾患です。

ALSの症状・治療法について

進行性の病気で治療は困難

進行性の病気で治療は困難と言われているALSについての説明

人間は脳や末梢神経からの指令により筋肉運動が行われているのですが、この指令を筋肉に伝える運動ニューロンものが侵されるために発症する病気です。ALSの原因は不明ではありますが、発症年齢などから、神経系の老化が関係しているのではと考えられています。

代表的なものは、筋肉が思ったように動かなくなっていき、次第にやせ細っていくといった症状。口やのどの筋肉が思うように動かなくなり、発語が上手くできなくなり、食べ物や飲み物が飲み込みづらくなっていきます。

やがて呼吸筋が弱まりはじめて呼吸不全となり、大多数の方がお亡くなりになる病気です。残念ながら進行性の疾患であり、一度発症すると悪化の一途を辿ります。

ALS治療の基本は投薬

投薬を基本とするALSの治療について

一番多い治療が食事に関するもので、飲み込む力が衰えてきたら流動食などで工夫し、飲み込むことが困難となってきたら胃ろうへ…という選択を取ります。基本的な治療は投薬になります。有名なところでは「リルゾール」というALSの進行を遅らせる事ができる薬になるでしょう。この投薬治療と並行して、対症療法を行っていきます。

また、リハビリテーションも重要で、筋肉や関節の動きをスムーズにするよう、毎日継続的に行う必要があります。

ALS患者の受け入れが可能な介護施設

ALS患者の受け入れが可能な介護施設についての説明

しかし現在はその数が増えており、多くの皆様がお住まいの地域で、対応可能な介護施設を探すことができるようになりました。今から15年程前までは、老人ホームなどの介護施設において、ALS疾患を持つ方の入居が可能な施設は、全国規模で見ても数えるほどしかありませんでした。

ただし、増えてきたとは言っても、その数は介護施設全体の3割弱と言われており、理想的な介護施設を探し出すのは少し大変かもしれません。

ALSは、常に進行していく疾患だけに、初期の段階では家族におけるケアが可能であったとしても、徐々に24時間目が離せない状況となり、家族だけで介護をしていくのは難しくなっていきます。

ALSになってしまったら、このような時をいつか迎えると認識し、早い段階から受け入れ可能な介護施設を探していくことをおすすめします。

≫筋萎縮性側索硬化症(ALS)の対応が可能な施設はこちら
ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!