いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

年金の受給について

年金は日本が誇る優れた制度

老後の生活を保証してくれるのが年金

日本人の老後生活を支える優れた制度としての年金

年金の未納問題、支給額の引き下げなど何かと話題になる年金。ちょっと昔には「消えた年金問題」なんていうのもメディアで連日取り上げられていましたね。

問題視されている部分も多い一方、年金は現在でも日本が世界に自慢できる優れた老後向け保険システムです。ただし先述した通り現状は、今後も継続していけるのか不安は消えません。もしかすると数年後には破たんするのではないか…などと不安な声も聞こえてきます。

とはいえ、今はまだ給付が行われている状況をキープできています。今までしっかり納めてきた分、受給時期になったらがっちり満額を受け取れるようにしていきたいものですね。今さら人に知らないなんて言えない、けれども知っておかなくては損をする。その年金の受給時期について、ご説明していきましょう。

年金の受給時期は65歳から

まずは年金の種類からおさらい

種類 国民年金
(基礎年金)
厚生年金 共済年金
被保険者 第1号被保険者 第2号被保険者 第2号被保険者
具体的な職業 自営業者等 会社員 公務員等
詳細 国民全員が加入する年金。年間60万円程度を受け取れる仕組み。 会社員が必ず加入する年金。約180万円(基礎年金を含む)を受け取ることができる。大企業でたくさん納めてきた場合は働いていた場合がさらに上乗せ。 公務員のみが加入できる年金。約220万円(基礎年金含む)を受け取れる仕組み。

年金は、大きくわけて上の3つ。基本となる国民年金(老齢基礎年金)と、会社員の方が加入する厚生年金(老齢厚生年金)、そして公務員が加入する共済年金です。

そのいずれも受給年齢は65歳からとなっていることをご存知の方も多いでしょう。それぞれ成り立ちは異なり、過去には55歳から支給されていた(!)ものも。しかし、社会情勢や国家財政などの背景から徐々に支給年齢が繰り上げとなり、現在の65歳になっています。

国民年金(老齢基礎年金)

農業従事者をはじめとする自営業者が加入する国民年金について

老齢基礎年金は、20歳の年金加入義務年齢から60歳までの40年間の保険料をきちんと納入している場合、65歳から満額の老齢基礎年金を受け取ることができます。ちなみに、2014年度の年金年間満額は77万2800円。もし60歳までに保険料を納入していない場合は、減額の対象になるので注意。

厚生年金(老齢厚生年金)

一般的な会社員が加入する厚生年金について

老齢厚生年金は厚生年金加入者、つまりサラリーマン経験がある方が対象。老齢基礎年金を受ける条件が整っている場合、老齢基礎年金に上乗せする形で、老齢厚生年金が給付されます。つまり簡単に言うと基礎年金にプラスされ、手取り額が増えるということ。

こちらも基本的には65歳になったら給付されます。しかし、当面の間は、条件を満たしている場合のみ60歳から特別支給の老齢厚生年金が給付されます。早期退職をされた方は60歳から年金をもらって生活している方も多いようですね。

40年間保険料を納入していない場合

老齢基礎年金が満額給付されません

2014年度の老齢基礎年金の年間満額は、前述した通り77万2800円。月々で考えると6万4400円ですから、満額と言ったところで悠々自適に贅沢できるほどの金額ではありません。

これが、20歳から60歳までの40年間の保険料をきちんと納入していないとなると、期間に応じて満額支給がされず、さらに年金額が減ってしまうでしょう。そして、公的年金制度の加入が原則25年以上必要。24年以下となりますと、老齢基礎年金の給付自体が受けられず真っ青…なんてこともあり得るのです。

その一方で、最近では2013年度の年金加入者が60%台になったというニュースが。それでも少ないとは思いますが、ここ4年はずっと50%台でしたから、大きな進歩。しかし、このパーセンテージの上昇は年収400万円以上の人を対象に差し押さえを始めたから。国民の意識が高まったり、加入者が増えたりというわけでもなさそうです。免除希望や猶予者が増加していますから、そもそもの納められる人自体が減っていることも背景にあると言えます。

国民年金の「任意加入」とは?

では、60歳になって支払われる額まで年金を支払っていなかった人は、極貧の老後を送るしかないのでしょうか? そのような人に向けての救済処置も国がしっかり用意しています。

60歳の段階で公的年金制度への加入が25年未満の方、および、40年の納付をしておらず、老齢基礎年金を満額で給付されない方が、老齢基礎年金の給付を満額に近づけたいと望むのであれば「埋め合わせ」が可能。

年金を支払ってこなかった人のための救済措置としての国民年金の任意加入について

60歳以降に国民年金の任意加入を改めて行い、「足りない給付額や年月の埋め合わせ」を行うことが可能になっています。不安な方はお住まいの市区町村の年金窓口に相談してみると良いかもしれません。支払っている年月が良く分からない…といったときも、問い合わせてみることをおすすめします!

老齢基礎年金は、65歳以上の方にとっての大事な収入源。老人ホームの月々の負担に、老齢基礎年金を充てている方は大変多いもの。そして、年金で入居できる施設も増えています。日本には素晴らしい国民年金制度があるのですから、任意加入を有効に活用し、老齢基礎年金を満額を受け取れるようにしていきましょうね。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!