いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

介護用品は購入とレンタル、どちらがお得?

介護用品のレンタルは介護保険の対象に

介護保険の対象になるもの・ならないものとは

介護用品を利用するにあたって購入かレンタルかの選択

介護保険制度のもとでは、介護用ベッドや車いすのような介護・福祉用具を使う時にも、介護保険を利用できます。介護・福祉用具を利用するためには、その用具を「レンタル」するのか「購入」するのかを選択することになり、その費用負担を1割で済ませられるのです。

しかし、すべての用具に介護保険の利用が可能になるわけではなく、また要介護度によっては介護保険の対象にならないことも。

ここでは、介護・福祉用具にどのような種類があるのか、料金はどれくらいかかるのかなど、その詳細についてご紹介します。

介護用品の購入・レンタルの自己負担額と限度額について

介護用品の購入・レンタルの自己負担額と限度額についての解説

購入の場合、介護保険の対象となる限度額は1年間に10万円まで。年度(4月から翌年3月)が変わると毎年更新され、次の年度には、また上限10万円までの福祉用具を購入することができるようになります。

介護保険を利用すれば自己負担額は1割ですから、1万円のものなら1000円で購入できるということになります。

レンタルの場合も、料金の1割負担となります。レンタル料が1ヵ月5000円であれば、500円の自己負担で利用することができるのです。介護保険を利用するということはつまり、毎月の介護保険の自己負担額の範囲内で利用する、ということになります。

購入とレンタル、どんな用具に介護保険が使えるの?

介護用品といえば、車いすや介護用ベッドを考える人が多いかもしれませんが、車いすや介護ベッドの「購入」については、介護保険サービスの対象になっていません。

車いすと介護用ベッドは「レンタル」の対象にはなっていますので、レンタルする場合は1ヶ月のレンタル料の1割負担で利用することができますが、購入する場合は、全額自己負担となります。

このように、対象となる介護用品がそれぞれ決まっています。

<レンタル時に介護保険の対象となるもの(福祉用具貸与の種目)>

  サービス対象者 機能・構造
要支援 要介護
1 2 3 4 5
車いす 自走用標準型車いす、普通型電動車いす、介助用標準型車いす
車いす付属品 クッションまたはパッド、電動補助装置、テーブル、ブレーキ
特殊寝台 介護用ベッド。高さや傾斜角度を自由に調節できるもの
特殊寝台付属品 サイドレール、マットレス、ベッド用手すり、テーブル
床ずれ防止用具 エアマット、ウォータースライダーマット
体位変換器 てこや空気圧などの動力を用いて、寝たきりの利用者の体位変換を楽に行うもの
手すり 取り付け工事を伴わないもの
スロープ 段差解消用のもの

<購入時に介護保険の対象となるもの(特定福祉用具販売)>

  サービス対象者 機能・構造
要支援 要介護
1 2 3 4 5
腰掛け便座 ・和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの
・洋式便器の上に置いて高さを補うもの
・電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの
・便座、バケツ等からなり、移動可能である便器
自動排泄処理装置の
交換可能部品
尿又は便が自動的に吸引されるもので居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に使用できるもの
入浴補助用具 入浴に際しての座位の保持、浴槽への出入り等の補助を目的とする用具
簡易浴槽 空気式又は折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水又は排水のために工事を伴わないもの
移動用リフトの
つり具部分
身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能なもの

介護用品のうち、利用者の肌に直接触れる用具(例えば、入浴・排せつ用具など)は使い回しがきかないためレンタルに向かないとされ、購入費が補助される介護保険の対象となります。

購入とレンタル、どちらがお得?

車いすは、レンタルの場合は料金の1割が自己負担。購入の場合は、介護保険の対象外なので、全額自己負担となります。

標準的な自走用車いすの場合は、レンタル料は5000円〜7000円/月くらいなので、1ヶ月の自己負担は500円〜700円くらい。購入すると、2万円前後のものが多いようです。

1ヶ月500円でレンタルした場合は、1年で6000円、4年で2万4000円。1ヶ月700円の場合には、3年間で2万5200円ですから、3〜4年以上使うことを想定する場合は、金額的には購入した方がお得になる計算です。

車椅子を介護に利用する場合、経済的に得になるのはレンタルか購入か

ただし、介護度が進行したり身体状況が変化したりした場合、使っている車いすが合わなくなることがあります。上半身に力が入りにくくなった場合には、電動の車いすを使う必要が出てくるかもしれません。そう考えると、レンタルの場合はその時の状況に合った車いすにすぐに変更できる、というメリットがあります。

では、電動車いすを使用する場合の料金を比較してみましょう。

電動車いすをレンタルした場合は、レンタル料は2〜3万円くらい。自己負担額は2000〜3000円となります。対して、購入する場合は20〜40万円くらいが相場のようです。

毎月2500円のタイプの電動車いすをレンタルしたとすると、3年間で9万円かかる計算に。6年間使っても18万円ですから、使う期間によってはレンタルの方が経済的かもしれません。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!