いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

老人ホームへの入居を本人が拒否したら?

老人ホームへの入居を上手に進めるコツ

入居を嫌がる場合はその理由にしっかりと耳を傾けて

老人ホーム・介護施設への入居を本人が拒否する場合の対処法について

介護が必要になり、家族による介護が家庭の事情でできない、老人ホームの充実したケアのほうが本人にとっていい環境であるなどの理由から介護施設への入居を家族が望む場合でも、高齢者本人が拒否する場合が多くあります。

入居に納得しない状況で無理やり入居を勧めてしまえば、帰宅願望が強くホームでの暮らしに馴染めないだけでなく、入居後のトラブルにも繋がりかねません。

住み慣れた自宅から、高齢になった段階で新たに住み替えをするのは誰にとっても不安なこと。老人ホームなどの介護施設へ本人が入居を拒否することは特別なことではありません。しかしながら、在宅介護に限界がきているなどの事情を抱える家族にとってみれば、本人も納得した上で入居してもらいたいというのは当然のことですよね。

入居を本人が嫌がっているのであれば、できればその理由を聞くことからはじめましょう。「老人ホームは姨捨山だ」「環境の変化が怖い」「住み慣れた家を離れたくない」「老人ホームは暗い場所だから」など様々ある入居拒否の理由が分かれば、その対策ができるというものです。

ここでは、高齢者の方が老人ホームへの入居を拒否する原因はどこにあるのかを考え、説得の方法や上手な老人ホームへの入居の促し方について考えてみましょう。

老人ホームのイメージが悪く入居を嫌がる場合

老人ホームの良さをきちんと説明しましょう

老人ホームへの入居拒否の対処法として老人ホームの良さをしっかりと説明することが大切

老人ホームと聞くと、一昔前までは介護度が高い方が暮らす介護施設のイメージが強く、ご家族の方もこうしたイメージから老人ホームへの入居を渋っているかもしれません。また、老人ばかりだから暗い場所なのではないか…と考えていることもあります。

最近の老人ホームは、お元気なときから入居をされている高齢者の方もいらっしゃいますし、楽しく過ごしてもらえるように施設側がレクリエーションや趣味の時間づくりに力を入れているところもあります。こうしたことを説明して老人ホームのイメージをまずは変えてあげる努力をすることからはじめてみましょう。

一緒に見学に行けるのであれば、レクリエーションの様子などをみてもらい、生き生きと暮らせる環境であることを伝えてみるといいでしょう。

生活環境が変わることを嫌がる場合

体験入居などで何度も足を運び、不安を解消

老人ホームへの入居拒否の対処法として老人ホームの生活環境に馴れるようにする

本人が入居拒否する理由のひとつに、生活環境が変わることに対する不安があります。見知らぬスタッフ、見知らぬ他の入居者の方とうまく関係を築くことができるのか、生活スタイルを変えなければならないのか、など不安を感じる要素は様々です。

不安を取り除き、自宅から介護施設出の生活へとスムーズに移行するためには、まずは老人ホームの見学だけでなく、施設側の協力を得ながら日中のレクリエーションに参加したり、食事に参加したり、慣れてきたら1晩宿泊をしてみたり…と何回か足を運ぶ機会を設けてみると良いでしょう。

ショートステイや体験入居などのシステムを上手に活用しながら何度も足を運べば施設での生活のイメージが掴めるようになってきます。また、スタッフの方や他の入居者の方とも顔見知りになり、自分の居場所ができたと感じられるようになる可能性が高まります。

こうした段階に来れば、家族の説得だけでなく本人も入居を望むようになる場合もありますから、介護施設に馴染むことができるよう急がずじっくりと時間をかけてみてはいかがでしょうか?

認知症を患っていて状況を理解できない場合

多くの家族が苦労する認知症高齢者の老人ホーム入居

認知症高齢者を老人ホーム・介護施設へ入居させる際に気をつけたいポイントについて

認知症高齢者の在宅介護は、家族にとっても精神的・肉体的な負担が大きく、在宅介護生活に限界を感じてしまう方も少なくありません。

認知症ケアにおいて、自宅は確かに精神的に安心できる場所ですから、本人にとっても良い環境ではあります。しかしながらその一方で、接する人が限定されてしまったり、外出の機会が減ってしまったりするなどの理由から、逆に症状の進行を早めてしまうケースもあります。

また、一人暮らしをされている場合は認知症が進行した場合、そのまま住み続けることは難しいので、早めに対策を考えなければいけませんよね。

しかしながら、認知症の場合、本人が介護施設を選べる判断力がない場合がほとんどです。こうした場合は家族や親族が本人の立場を考えて施設選びをすることになりますが、本人が認知症であることを認識できていなければ、介護施設への入所を強く拒否するケースも多々あります。

徘徊などの認知症症状がある高齢者の方に介護施設への入居を説明しても、同意を得ることは簡単なことではありません。こうした場合は家族の同意によって入居を受入れてくれる施設も少なくありません。まずは介護施設探しの際に事情を説明して一緒にスムーズに入居するまでの協力をしてくれるところを探しましょう。

馴染むための時間づくりにショートステイなどを利用

認知症症状が見られる場合、本人が嫌がったまま施設に入所をさせることは不可能ではありません。しかしながら、入所後に帰宅願望が強ければ施設から脱走をはかったり、トラブルの原因になったりしてしまうことも。

できるだけ本人が介護施設入所へのストレスを少なく感じることができるように、ショートステイや体験入居などを利用しましょう。この際も、本人には「どうしても家を空けなければならないからその間だけ」など理由を説明してあげましょう。

徐々に環境に慣れてくれば老人ホームなどの介護施設が安心できる場所だと分かり、居場所を見つけることができる可能性も高まります。

本人が嫌がっていたとしても、介護施設側が入居を受入れる方針であれば施設側の協力を得ることも可能です。しっかりと施設と家族が連携して、本人を安心させることができるよう時間をかけてみましょう。

老人ホームへの入居拒否の対処法として何より大切になるのは本人を安心させること

認知症である・なしに関わらず、本人が老人ホームへの入居を嫌がる場合、ご本人が納得しない段階で入居を無理に進めてしまえば、入居後に不安が残り家族の関係が悪化してしまうこともあります。

離れて暮らしていて、家族を大切に想う気持ちに変わりはありませんから、本人が入居を受入れたら、入居後も「週に1回は足を運ぶようにするね」「テレビ電話で話そうね」など、本人を想う気持ちを言葉で伝えていくと良いでしょう。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!