会津若松市の特別養護老人ホーム情報

会津若松市特別養護老人ホームの検索結果一覧(5件中1〜5件)

資料請求・見学リストに追加した施設をまとめて資料請求・見学

利用者が安心して利用できるよう、多部署が協働し「介護力向上に向けた取組み(オムツ外し、認知症ケア」を行い介護の専門性を高めケアの充実を図っています。ま…≫ 施設情報を見る

福島県会津若松市神指町北四合伊丹堂55-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

・自立を支援するためのサービス提供 ・温泉入浴 ・終日医師の往診可能 ・抑制・拘束を行わない≫ 施設情報を見る

福島県会津若松市大戸町芦牧壇ノ下845

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

明るく親しみ深く真心込めてをモットーに利用者本意のサービスが提供できるよう目指しています。≫ 施設情報を見る

福島県会津若松市一箕町松長下長原152

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

「地域におけるケア付住宅」としての施設づくりとし、利用者ひとり一人の生活と尊厳の確保を目標にユニットケアに取り組んでいます。≫ 施設情報を見る

福島県会津若松市北会津町東小松南古川1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能
この条件で探した人はこんな施設も見ています。

1.利用者の健康管理面(1)医療機関と連携し早期発見・治療に努める。(2)感染症の予防対策の徹底。(3)食・栄養からの健康管理。(4)生活の中でのリハ…≫ 施設情報を見る

福島県大沼郡会津美里町高田道上2969-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

・地域にあった年間行事を取り入れて、季節の移り変わりを感じていただきます。・セレクトメニューにより、毎月1回選択して昼食を提供しています。・お楽しみ会…≫ 施設情報を見る

福島県大沼郡三島町宮下坂ノ下659

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

小規模施設のメリットを生かし、ご利用者様一人ひとりが「安心」でき「快適」にそして「自分らしく」暮らしていくことができるよう、個別対応を重視しています。…≫ 施設情報を見る

福島県大沼郡昭和村小中津川石仏1930

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

県立南会津病院に隣接し、医療・福祉ゾーンとして最適な環境の施設であり、ボランティアの受け入れ、地域行事等へ参加するなど、地域との交流も盛んな施設です。…≫ 施設情報を見る

福島県南会津郡南会津町永田風下3-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

1.入所者の意思及び人格を尊重し、常にその立場に立って指定介護老人福祉施設サービスを提供するように努めるものとする。 2.明るく家庭的な雰囲気を有し…≫ 施設情報を見る

福島県南会津郡南会津町古町太子堂186-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

・入所者の主体性を重視し自由意志の尊重を基本としたケアプランの作成と実施。 ・身体拘束をしない介護。 ・個別的なリハビリ訓練の実施と楽しみのあるグルー…≫ 施設情報を見る

福島県南会津郡下郷町沢田若林甲1572

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

口腔ケア及び口腔ケアリハビリを実施。季節を取り入れた行事・書道や生け花などのクラブ活動を実施。随時、外出支援を実施。野菜作りや調理をとおして生活リハビ…≫ 施設情報を見る

福島県岩瀬郡鏡石町鏡田かげ沼町139-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

楕円形の中庭を配し、それに沿って回廊式の廊下を設けています。また、廊下の壁には、南郷地区の子供たちの描いた絵をもとにした壁画を飾り、自然豊かな地域イメ…≫ 施設情報を見る

福島県南会津郡南会津町片貝中田97

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

明るく家庭的な雰囲気を保ち、入所者の意思及び人格を尊重し常にその立場に立ってサービスを提供する。≫ 施設情報を見る

福島県南会津郡只見町長浜久保田1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

「ともに生きるよろこびを!」を法人理念として、入居者が施設においても、その人らしい、ごく普通の暮らしが送れるようにサポートさせていただき、自分の居場所…≫ 施設情報を見る

福島県岩瀬郡鏡石町桜町225-15

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

「人権の尊重」、「笑顔・ていねい・親切」、「向上心を持つ」を施設のモットーに揚げ、要望にお応えできる介護サービスを目指している。4つの生活空間によるユ…≫ 施設情報を見る

福島県河沼郡柳津町飯谷前林甲370

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

ミュージックケア専門員 学習療法≫ 施設情報を見る

福島県大沼郡会津美里町大石下川原1-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

安全、安心を基にしたサービスを提供する。≫ 施設情報を見る

福島県耶麻郡猪苗代町三郷寺南7962-1

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能

入浴・排泄・食事などの日常生活上のお手伝いや、リハビリ・レクリエーションなどを通して、利用者一人ひとりに合った安心して生活できる「家」としてのサービス…≫ 施設情報を見る

福島県河沼郡会津坂下町塔寺北原645

  • 入居年齢65歳以上
  • 要介護
  • 認知症対応相談
  • 保証人相談可能
ページトップへもどる

会津若松市の特別養護老人ホームの概要

会津若松市の老人ホーム・介護施設の概要を知っておきましょう。会津若松市の特徴と最近の老人ホーム動向・傾向、メリット・デメリットの観点から、さらに詳しい内容をご説明いたします。

特別養護老人ホームとは

介護保険法のもとでは「介護老人福祉施設」と名付けられている特別養護老人ホーム。“特養”と略される名称を聞いたことがある人も多いでしょう。要介護度1〜5と認定された高齢者だけが入居できる施設で、地方公共団体や社会福祉法人が運営母体となっているため、ある意味では公的な機関とも言えます。

平成23年時点で、全国の特別養護老人ホームの数は6241。

数字だけ見ると充実しているように思えますが、入居率は常時100%近く、入居待ちをしている高齢者は数十万人とも言われるほど。申し込みをしてから数年間も待っている状態の人も珍しくなく、非常に人気の高い施設となっています。では、その人気の理由とは何なのでしょうか?

その大きな理由が、費用の安さです。特別養護老人ホームは相部屋を採用しているところが多く、数人のグループが同じ部屋で共同生活を送るため土地代やスタッフの人件費などの面で利用料を低額に抑えられるというメリットがあるのです。ただし現在では、新規に特別養護老人ホームを開設する場合は個室にすることが義務付けられており、それによるコスト増は利用者が負担することになっています。月額利用料を見ると、相部屋では7〜8万円、個室では13万円前後と差が生じているのが現状です。ただし、特別養護老人ホームでは所得に応じた自己負担の上限金額が設定されています。入居を申し込む前に市町村の担当者やケアマネージャーとよく相談すると良いでしょう。

特別養護老人ホームに入居するためには、いくつかの要件があります。まずは、原則として65歳以上で、要介護度1〜5など身体や精神に障がいがあること(場合によっては65歳以下でも入居できるケースがあります)。そして、環境上の理由や経済的な理由から、在宅での生活が困難であること。つまり、障がいがあっても自立した生活ができると判断される場合は入居できないのです。その判断は市町村の各窓口となるので、入居希望の高齢者やその家族は、まずは役所の窓口に相談しましょう。

しかし、入居要件を満たしていても、入居待ち状態の施設が多いのが現状です。申し込んだ順番で入居できるのではなく、入居の緊急度が高いと判断された順に入所の運びとなります。そのため、特別養護老人ホームへの入居を待つ間、有料老人ホームやグループホームで過ごすという人も多いようです。

特別養護老人ホームで行われる介護サービスは、食事や入浴、排泄といった日常生活の介護や援助、機能訓練など。健康管理や衛生管理が中心で、医療サービスには対応していないところがほとんどです。例えば痰の吸引や鼻チューブによる栄養供与、酸素吸入といった高齢者に必要になりがちな医療行為は行われません。そうした医療行為が必要な高齢者は入居できなかったり、また入居後にそうした処置が必要になった場合には退去しなければならなかったりと、入居要件はケース・バイ・ケース。入居の前には施設や市町村窓口、ケアマネージャーなどによく確認しておくと良いでしょう。

もっと見る

会津若松市の老人ホーム・介護施設選びのまとめ

会津若松市で老人ホームを探すとなると、どうしても外せない点があるとすればなんでしょうか。それは、月々の入居費、館内設備の安全への心配り、スタッフの入居者への関わり方について、ホームの雰囲気はどのような感じか、イベントやレクは楽しめそうか、緊急時でも対応できる医療体制、運営会社の安心度といったことになります。


介護施設の料金は、家族が通いやすいなどの場所や、設備、医療・看護体制などのさまざまな理由で違ってきます。年間でかかる全体的な費用を考えて、予算に見合う老人ホームを探すと良いでしょう。

設備面で気をつけたい点は、入居者の安全面に配慮した設備があるか、部屋のタイプは個室なのか、車いすでも使いやすいトイレになっているか、などになります。介護サービスや設備以外にも、ホーム内の空気感やスタッフ・施設長の様子も確認ポイントです。また、入居者の表情や雰囲気も確認したいポイント。満たされた生活を送っているように見えるか、丹念な介護サービスが提供されているかどうか、といった点も確認事項となります。

また、近年見られる介護施設の傾向としては、利用者同士のコミュニティを形成するサークル活動、多種多様なアクティビティ、地元住民との交流を図る秋祭りなど、色々な催事を提供している介護施設が多く存在します。実は、イベントやレクリエーションは入居後の暮らしの質に直結する要素。なおざりにせず、しっかりチェックしてみてください。

最も気になるのは、介護サービスの種類でしょう。深夜でも見回りやおむつ交換といったサービスがあるのかなど、施設で可能な介護サービスについて、細かい部分まで詰めておきましょう。

なおかつ、施設の運営状態もチェックポイント。入居者数や、それに対する介護職員の数など、さらには、建物自体の耐用年数や災害対策についてなど、安全確保のための対策についても聞いておくと良いでしょう。

老人ホームでの生活が長くなるほど、安心感や愛着は増していくものです。だからこそ、最良のチョイスをしたいものです。ホームの運営形態は地元密着型なのか全国展開型なのか、民間企業の運営であるか、公的機関の運営であるかなど、経営理念などと併せて確認しておきましょう。

介護施設入居についてのご相談は、【みんなの介護の入居相談センター】0120-983-915(無料)まで。

もっと見る

老人ホームにかかる費用・料金のポイントを整理

有料老人ホームに入居に必要となる料金を整理しておきましょう。老人ホームに入居したい時には、入居一時金を支払って契約し、その後は月額利用料を支払う必要があります。
老人ホームの入居時費用も、ホームによって様々で、入居金が格安の施設から、施設によっては何千万円もするところもあるなど、いくつかの選択肢の中から選ぶことになります。

たとえ高額な入居一時金を支払っても、クーリングオフ制度があり、原則として、入居してから90日以内に退去した場合、入居一時金を全額返還するというルールがあるのです。併せて、入居一時金には償却期間というものがあります。償却が完了していない段階での退去では、入居一時金のうちの一部が返金される返還金制度があるので、契約の内容にはしっかりと目を通しておいてください。また、入居一時金が償却される前にホームを運営する会社が倒産した時のためには、500万円までの入居一時金の未償却分を保全してもらえる入居金保全措置が老人福祉法によって定められています。

月額利用料金の内訳としては、家賃や食費といった固定費の他、医療費やおむつ代などの変動費があります。家賃には消費税がかからないので、文字通り固定となります。しかし食費に関しては話が別で、定期的に外食すると決まっている場合や、配食サービスなどを利用する場合には変わってきます。

それと、ぜひ知っておいていただきたいのですが、家族と生活を共にしていない入居者であっても、生計を一にする親族だと確認されれば、大抵の場合は老人扶養控除などが適用されます。該当する方はぜひご活用ください。

ホームで暮らし始める際に必要な一時金だけでなく、毎月の利用料にも、リーズナブルなホームだったり、高額なホームだったりと、様々な価格帯があるので注意しなければなりません。どのホームを選べばよいのか分からず、困った場合は、そうした利用料の内容を吟味した上で、施設の設備やサービス内容を鑑みて、地域の相場と見比べるほうが確実でしょう。

もっと見る

老人ホームの種類・類型のこと

自分に合った施設を選ぶためには、まず、介護施設や高齢者住宅の種類について理解する必要があります。

通常、“有料老人ホーム”とひとくくりにされることが多くありますが、施設の特徴によって介護付・住宅型・健康型という3つの種類にわけられます。このうち介護付有料老人ホームには大きなポイントがあります。

それが、特定施設入居者生活介護の指定を受けているという点で、あらゆる介護サービスが施設職員によって提供されています。

それとは別に、公的に運営されている施設は一般的に“介護保険三施設”と呼ばれており、特別養護老人ホームに加えて、治療やリハビリなど医療ケアを受けられる介護老人保健施設と介護療養型医療施設があります。この他、要介護認定を受けていなくても食事や入浴といったサービスを受けられる、ケアハウス(軽費老人ホーム)という施設もあります。

いわゆる高齢者向けの住宅の中には、バリアフリーであること、広さが18u以上あることなどが決められているサービス付き高齢者向け住宅もありますが、高齢者向けをメリットとしている施設でも、入居にあたっての条件が寛大なシニア向けマンション、高齢者向け住宅など、様々に呼ばれる住宅があります。

では、特定施設入居者生活介護の指定外施設では介護サービスが受けられないかというと、そうではありません。自宅での介護生活と同じように介護事業者と契約して、ヘルパーからの介護を訪問という形で受けられるのです。その他、生活保護受給者でも入居可能な施設もあるなど、その種類は本当に多岐にわたります。

介護施設ごとには様々な違いがあり、そのために予算よりも低額で入居することもできますし、逆に高くついてしまったりと、入居にとってのメリットや、場合によってはデメリットもあり得ます。本人はもちろんのこと、家族全員が笑って介護生活を送るために。施設ごとに異なる特徴を理解することは、絶対条件と言えるでしょう。

もっと見る

老人ホーム・介護施設のご入居・入所ガイド

入居の流れについて説明します。

介護付有料老人ホームには年齢制限が設けられており、原則として65歳以上が入居の対象となります。ただし、40歳以上であれば条件がもうひとつ。がんなどの特定疾病により要介護認定されていれば、入居が可能となるのです。

介護付有料老人ホームの中の混合型、健康型有料老人ホームや住宅型有料老人ホームは65歳未満でも入居できますが、そこには概ね「自立で生活ができること」という条件が付きます。

一方、要介護(または要支援)認定者のみ入居可という老人ホームも。そのため、入居条件の確認は最初にすべきことと覚えておいてください。

高齢者住宅などを検討する場合、いの一番に施設候補地を選択し、1年間あたりの予算をきちんと定めておくことが重要です。そして、気になる老人ホームをいくつか見つけたら、各ホームから資料を取り寄せます。資料請求を行うと、各ホームからパンフレットやイベント案内が届くので、設備の写真やイベント内容、料金などをチェックします。ちなみに、老人ホームの契約方式として一番多いのは利用権方式ですが、この他にも数種類ありますのでチェックをお忘れなく。当然ながら、どんなに気に入った施設でも空室がないと入居できないわけなので、空室状況や待機している人数もしっかり押さえておきましょう。比較した結果、お気に入りの施設を実際に見学してみましょう。

そして見学中は、ホーム内は明るい雰囲気か、どのような介護サービスがなされているかをきちんと見ておくこと。そこで興味を感じるホームがあったのなら、体験入居やショートステイで実際に施設を利用してみてはいかがでしょうか?そして丹念に吟味し、疑問のない状態で正式に入居を申込みましょう。入居の条件として、身元保証人が必要な場合があります。

介護は家族の負担も大きいため、本人が入居を望まない時には家族は焦らず、冷静に説得する必要が出てくるかもしれません。大切なパートナーや親、身内のケアをしてもらう施設になるので、入念なリサーチの基に判断し、最適な施設を選び出しましょう。

もっと見る

「会津若松市、特養」と併せて検索されるその他の老人ホーム関連キーワード

「会津若松市、特養」というキーワードと一緒に検索されやすいワードです。