いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

藤田孝典 藤田孝典
1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学客員准教授。反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。社会福祉士。ソーシャルワーカーとして生活困窮者を支援する一方で、生活保護や生活困窮者支援の在り方に関する活動や提言を行っている。著書は「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」(朝日新書) がベストセラーとなっている他、「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」(講談社現代新書) 、共著に「知りたい! ソーシャルワーカーの仕事」(岩波ブックレット) など多数。
中村淳彦 中村淳彦
ノンフィクション作家。代表作である「名前のない女たち」(宝島社新書) は劇場映画化される。執筆活動を続けるかたわら、2008年にお泊りデイサービスを運営する事業所を開設するも、2015年3月に譲渡。代表をつとめた法人を解散させる。当時の経験をもとにした「崩壊する介護現場」(ベスト新書)「ルポ 中年童貞」(幻冬舎新書)など介護業界を題材とした著書も多い。最新刊は、介護福祉士や保育士も登場する「熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実」(ナックルズ選書)

取材・文/中村淳彦 撮影/編集部

問題の多すぎる介護業界で早急に止めさせないといけないのは、正社員の長時間労働。正社員のサービス残業で、人件費を圧縮することが常態化している(中村)

藤田さんは昨年、大ベストセラー「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」(朝日新書)を出された著者で、さいたま市で特定非営利活動法人・ほっとプラスを運営、それと聖学院大学で客員准教授をされています。その藤田さんが、なんと!介護保育に特化した労働組合「介護・保育ユニオン」を立ち上げたとのことで、慌てて駆けつけました。組合の立ち上げを知ったのは、6月16日の厚生労働省での結成会見でのことです。

中村中村
藤田藤田

私の事務所とNPO法人POSSEが連携しながら、労働者の支援をしているんです。共通の相談が多い領域があって、IT業界、エステ、飲食、アパレル、あとは介護と保育。相談が多い業種は決まっていますね。最近、著しく増えているのが介護、医療、保育の領域で、個人で加盟できる介護と保育に特化した労働組合を起ち上げました。

POSSEは「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」(文春新書) の今野晴貴さんが運営する労働問題のシンクタンクですね。介護は問題の多い労働集約型の代表的な職種で、たいした影響力はないですが、僕は「介護のブラック労働は問題」と、ずっと言っていて。ようやく労働問題のスターたちが来てくれたと、マジで喜んでいます。

中村中村
藤田藤田

介護は人の命と生活のかかわること、そこに労働の劣化がのしかかっています。労働組合は、問題のある企業の中に入って、一緒に交渉しながら法人と労働協約を結ぶこともあります。労働協約は、労働者と使用者側との合意ですね。働き方の約束と言えると思います。介護職からの労働相談は著しく多いので、労働組合を作って、介護業界の中に参入していかないとならない、というくらい悲惨な実態があるんじゃないかと感じています。

悲惨ですね、マジで悲惨。介護施設は精神病養成機関になってしまっています。介護業界には問題が多すぎるので、改善していくには優先順位をつけたほうがいいと思いますが、早急に止めさせないといけないのは正社員の長時間労働です。

中村中村
藤田藤田

うちは本来、貧困で生活に困って、どうしようかって人が相談に来る場所です。最近は介護労働者とか、ブラック企業の従業員からの相談が多いですね。以前は非正規とか低賃金の相談が多くて、正社員の人がくることはなかったんですが。介護業界から労働相談を持ち込んでくるのは、ほとんど正社員です。

パートや非正規の時給は払わざるを得ないでしょう。正社員のサービス残業で、人件費を圧縮することが常態化していますね。労働集約型はみんな同じで。介護業界上層部の一部が居酒屋の手法を介護に持ち込んだ、という背景がありますね。

中村中村
藤田藤田

介護現場は、驚くほどの労働法違反が蔓延していますよ。労働法、労働基準法、労働契約法、何も守られていない事業所がとても多い。起ち上げてから、介護、保育分野で相談に来た数十件の労働事件を見ても、ほとんどが労働法に違反していますね。

最低賃金を割っていることに介護職本人たちは気づいていない。早急に手を打たないと、入居者の命も危険(藤田)

経営者は違法労働を意図的にやらせていますが、ここではその話は置いておいて。介護職の人たちが労働関係の最低限の法律を知る必要がありますね。社会貢献がしたくて違法労働するのは、社会貢献どころか反社会的な行動ってことを知ってほしいんです。まず、労働法と労働基準法って、なにが違うのでしょうか。

中村中村
藤田藤田

労働基準法は最低限の一線ですね。これは絶対に守ってくださいという基準です。労働法はそれを含めた全体で、労働はこうあるべきとか、契約とか、給料はこれくらい、残業はこうとか。介護業界の多くは労働者と交わした労働契約がほとんど守られていなかったり、労働契約書そのものに問題があったりするんです。

介護職のブラック労働は今日に始まったことではなく、ずっと前からですよ。大前提として、公的な事業が違法行為を強いることなんてないだろう、と思い込んでいる人が多いせいか、労働契約書を読まないし。経営者や管理者は労働者が法律に無知なことを見越して動くから、騙されてしまうんですよ。

中村中村
藤田藤田

相談は一般的にサービス残業についてですね。出さないといけない残業代を出していないという。相談にくる介護職の方々のほとんどが抱えている課題です。あとは長時間労働やパワハラでうつ病になる、不安障害を抱える、深刻になると自殺を考えるというケースも多いですね。健康を害してもちゃんとした治療をする時間すらありません。まわりに相談しても、正社員で入社したなら3年は続けるべき、みたいなことを言われがちで追い詰められています。

介護をしようって人たちは真面目だし、人がいいし、優しくて。劣悪な環境を甘んじて受けちゃうと、本当にカラダを壊すだけ。うつ病はこわくて、壊れちゃうと1〜2年は立ち直れなくなるんですよ。20代だったらキャリアとして致命的だし、30代だったら家族に影響するとか、本当に最悪の連鎖が起こってしまいます。社会貢献より、高齢者より、自分や自分の家族が大切でしょうという声が介護業界には少なすぎますね。

中村中村
藤田藤田

給料はだいたい14万円〜20万円以下。よくその金額でそんな長時間働いているねって状況です。実際の労働時間を計算したら、最低賃金を割っていますよ。最低賃金割れしていることも本人たちは気づいていないし、早急に手を打たないと、入居者の命も危険です。

藤田さんのような専門家がみても、介護業界の現在は相当危機的な状況にあるわけですね。外食チェーン店の長時間労働問題が話題になっている頃、そろそろ介護に来てくれないかなと思っていたんですよ。

中村中村
藤田藤田

介護に特化して活動したほうがいいほど、労働相談が多いってことです。これまで、僕らの労働組合活動では、エステティックサロンの経営者と争いました。労働協約を結んでもらって、エステティシャンの女性たちの労働条件を上げました。それと、某学習塾とは今争っている最中ですし、他のユニオンが争った深夜のワンオペに問題のあった外食チェーン店もそうですね。介護も、これから労働組合が本気で労働者を組織化して関わっていけば、絶対に変わると思います。

零細企業が多い介護業界では、経営者も貧窮しているケースが多い ▶