いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

「介護対談」第26回(後編)飯塚さん「お泊まりデイは尊厳が守られない」

「介護対談」第26回(前編)ノンフィクション作家の中村淳彦さんと飯塚裕久さんの対談 飯塚裕久
1975年東京生まれ。東京医科歯科大学で学ぶ。母の経営するケアワーク弥生を経て、2006年小規模多機能型居宅介護事業所「ユアハウス弥生」へ。介護業界の課題を解決したいと考え、2010年にNPO法人「もんじゅ」を立ち上げる。現在は、介護業界で働く人が集まる「もんじゅミーティング」を全国各地で実施している。小規模多機能型居宅介護事業所「ユアハウス弥生」所長。NPO法人もんじゅ代表理事。
中村淳彦 中村淳彦
ノンフィクション作家。代表作である「名前のない女たち」(宝島社新書) は劇場映画化される。執筆活動を続けるかたわら、2008年にお泊りデイサービスを運営する事業所を開設するも、2015年3月に譲渡。代表をつとめた法人を解散させる。当時の経験をもとにした「崩壊する介護現場」(ベスト新書)「ルポ 中年童貞」(幻冬舎新書)など介護業界を題材とした著書も多い。貧困層の実態に迫った最新刊「貧困とセックス」(イースト新書)は、鈴木大介氏との共著。

取材・文/中村淳彦 撮影/編集部

お泊まりデイは利用者の尊厳が守られないことがまずかった(飯塚)

飯塚飯塚

2006年小規模多機能型居宅介護が制度化されたとき、小規模多機能型に移行した事業所と、そうじゃない事業所がある。施設の設備基準が高く、民家改修型だと対応できない。お金がないと。だから小規模は素晴らしい精神、理念を継承した宅老所系と、おそらくサービスが著しく悪いフランチャイズがある状態になった。厚労省はこの数年は当然フランチャイズを叩きたくて、延々とやったけど、しばらくはなかなか難しかったんだよね。

お泊りデイが本格的に問題視されたのは、2009年あたりから。フランチャイズ系のお泊りデイはお金のない高齢者の姥捨て山みたいな状態で、彼らは行き場のない高齢者を盾にして、圧力に負けることなく残ってしまった。

中村中村
飯塚飯塚

お泊りデイは、やっぱり利用者の尊厳が守られないことがまずかった。なくなって欲しかったけど、法律的に叩きどころがない。労基法を厳しくして、労基法違反で指定取り消し要件にするって法改正も、あれもフランチャイズ対策。宅老所系はずっと認知症介護をやってきて、認知症の人たちが虐待された時期から、真剣にやってきた。だから、高齢者がないがしろにされるようなシステムが許せなかったんだよね。

言われていたのは施設基準、雑魚寝をさせるし、男女一緒とか尊厳が守られない。そういう批判が中心でした。一部から批判殺到の中で彼らは市場原理と規制緩和が社会保障を救うみたいな、新自由主義的な主張もしだして、それなりに支持者がいた。今思えば、めちゃくちゃですね。

中村中村
飯塚飯塚

もう一つ、認知症介護の歴史の中で施設・在宅に限らず何十年もかけて認知症の人たちの生活改善が前進した中、お泊りデイのビジネス化によってポンと質が落ちた。腹立たしかった。僕らは徐々に質はあげたけど、そういう人たちの存在によって、日本の認知症介護の質は著しく下がることに。批判の根本はそこにある。

だって、居酒屋とかラーメン屋とか、水商売の人とか、そういう介護のかの字も知らない人を集めて事業所を作りまくったからね。人材募集しても集まるのは中年童貞みたいな人ばかりだろうし。そんな環境で、介護の質が上がったら奇跡だよ。

中村中村
飯塚飯塚

昭和40年代あたりの認知症介護は最悪だったの。様々な人の努力と熱意によって、最悪から本当に少しづつ前進した。でも認知症になったらお泊りデイにいれて、そこに閉じ込めて見えないものにしていく、みたいな逆行が進んでしまった。

それで、国が小規模デイを潰そうってはじまったわけね。実際に潰すために様々な手が打たれて、決定打として2015年4月の大幅報酬減と総量規制になったと。全国に2万以上ある小規模デイは1人か2人のせいで、国に敵対視されて本当にヒドイ結末に。とばっちりにあった事業所は気の毒ですね。

中村中村
飯塚飯塚

現象として日本の認知症介護を後退させた。それは事実としてあるので、お泊りデイについてはその結果について、僕だけでなく国も非常に不満だったってことですよ。

虐待をやる人たちって、睡眠時間が足りていなくておかしい状態になっているのかも(飯塚)

僕がお泊りデイでの介護経験でつくづく感じたのは、介護職の悲惨さ。低賃金で長時間労働だし、将来性ないし、キャリアにもならない。一部の介護ポジティブ団体みたいな人たちは、これから生きていかなければならない若者によく介護をすすめられると思う。認知症介護の前進以前に、前向きに働く環境にない。

中村中村
飯塚飯塚

まあ、このまま放置すれば若者は死んじゃうでしょ。僕も小規模多機能をはじめたとき、タイムカードレベルだと350時間くらい、盛ると500時間くらい働いた。まあ立ち上げだったからだけど。結論は労働時間云々を置いておき、人間の健康のKPIは週50時間以上の睡眠が必要ってこと。

まあ、一日7時間以上か。その睡眠時間が確保されれば、あとは働いていも狂わないと。シングルマザーなんかは月200時間を超えちゃったら、そのラインになるだろうね。長時間労働は正常な判断ができなくなる。鬱が多いけど、狂うことは致命的です。

中村中村
飯塚飯塚

たぶん虐待をやる人たちって、そもそも頭がおかしい状態になっていたか、もしくは50時間以上寝てなくておかしい状態になっている。家庭介護も施設介護もそうだけど、眠っていないのにナースコールを鳴らされまくったらイライラくるだろうし。それにイラっときて殴りたくなっちゃった、みたいなことは人には言えない。どんどん溜まっておかしくなる。

介護現場は壊れているよね。終末期の高齢者のために、現役世代を壊すって無茶苦茶な話で。日本を破壊していることになる。自分が長時間労働して、その現実に気づいたとき、飯塚さんのいう「介護の質」みたいなことはどうでもよくなった。だからお泊りデイの雑魚寝みたいなことには批判はなくて、ブラック労働のほうがまずい。まず現役世代の介護職のQOLを上げることのほうが大切でしょう。

中村中村
飯塚飯塚

50時間以上眠る環境がまず必要で、それがないのに賃金を上げても意味がないでしょうね。たぶん、なにも変わらない。だからまず眠りなさいって話。確かに、そこができていない事業所は多いかもしれない。

介護保険事業は国が定めたルールだから賃金が低い ▶