いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

「賢人論。」第8回(後編)おときた駿さんは「介護現場の声が政治に届きづらいのは介護業界が組織として出来上がっていないから」と語る

現役の東京都議会議員、おときた駿さんの「賢人論。」も今回が最終回。これまで、東京都の施策であるシルバーパス制度に対して、また都市部から地方への移住についての疑問を呈してきたおときたさんが、今回は国政となる介護保険制度の現状と課題に言及。話題はさらに、現行の選挙制度にまで及び…。若者世代のオピニオンリーダーとして期待がかかるおときたさんの言葉の力に注目!

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/伊原正浩

児童養護では施設が推進されるのに、介護は在宅が推進される。「なぜ?」の議論が圧倒的に足りていない

みんなの介護 過去に「賢人論。」にご登場いただいた方の多くからは、「今後の介護は効率化を考えていかなければ立ち行かない」といった趣旨の言葉をいただいていますが、おときたさんはどのように考えますか?

おときた 効率化を考えた時に、選択肢として「施設での介護」ということが浮かびますが、現状は「在宅での介護」が推進されていますよね。確かに介護の場合は、本人の希望がまずあって、さらには家族の意思や、受け入れる側の施設や自治体の問題もあって。高齢者を地域で見守りましょうという理念はわかりますが、一概に法定基準を当てはめて考えるのはどうかと思うし、そもそも「地域で」「施設で」という議論がなされない上で在宅介護が推進されている現状には疑問を感じています。

みんなの介護 おときたさんが力を入れている児童養護の問題では、介護における「地域で」にあたる里親への委託は、あまり推進されていないのではないでしょうか?

おときた 児童養護でも、もちろん施設で運営した方がコスト的には負担が少ないですからね。例えば1人の職員が6人の子どもの面倒をみるのと、6人の子どもを里親に委託して1軒1軒をソーシャルワーカーが訪問するのとでは、コストが全然違ってきますから。

だから児童養護では、仰る通り、施設での支援が推進されている…という、高齢者の介護とは相反する政策がとられています。子どもたちは、これから成長して、日本を背負って立つ存在なんだから、子どもの方の施策を先にやってよ、と思ってますけどね。もしくは、若い世代の負担を増大させていく仕組みではなくて、世代内で完結する仕組みをつくっていかないと。

みんなの介護 …となると、おときたさんは年金制度について懐疑的、ということでしょうか?

おときた 年金は、国を上げた壮大なねずみ講だと思っていますし、今のままでは制度破綻が目に見えてますからね。介護保険についても、選択制というか、負担と給付を明確にしないといけないと思っています。使いたい人は払えば良いし、使わない人は払わない、とか。

介護保険料の増額が問題になっているじゃないですか。自己負担率を段階的に上げていく方向で動いていますよね。これは後期高齢者医療制度の時もそうでしたけど、1割から2割に上げるのに5年間の緩和措置をとって…となっていますが、緩和措置の期間っている?そもそも何を緩和するの?その間にも若い世代の痛みは倍増していくんですよ?と。その議論がまったく行われていないのは、本当に不健全だと思います。

公務員の給料は上がるばかり。そのお金を介護・保育に回せないのか?と指摘する政治家はいない ▶