いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

「賢人論。」第8回(中編)おときた駿さんは「後期高齢者医療制度にも住所地特例を認めないと、市区町村をまたいでの介護は上手くいかない」と語る

「野党なんだから、おかしいと思ったことにはどんどん声を挙げていかないと」と語る東京都議会議員のおときたさんが、政治家になろうと決心したきっかけに始まり、都議会議員の目に映る東京の介護行政の理想と現実、さらには地方創生が推進される国政の真意にまで言及。「抜本的な制度改革を」と唱えるおときたさんの政策的な着地点は“後期高齢者医療制度における住所地特例”だった!?

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/伊原正浩

若い世代のコンセンサスをとるのが私の役目だと思っています

みんなの介護 そもそもおときたさんは、どうして政治家を志すようになったんですか?

おときた 一番の理由は…「女の子にモテたい」ということなんですけど…。

みんなの介護 そこですか(笑)?

おときた 話すと遠回りになるんですけど、いいですか(笑)?えーと、まず政治学的に言うと、女性が政権を取ったことは地球の歴史上いまだかつてありません。だいたいは男性が政権を握っていて、そのレールの上に女性が乗ることはあるんですが。そこで私は興味を持ったんですね。「女性が政権を取ったらどうなるんだろう?」って。そのためには、経済ではなく政治のルールを変えなくちゃいけない、というのが政治家になろうと思ったきっかけですね。

みんなの介護 そこから「モテる」には、どうつながるんでしょう?

おときた いきなり男性から女性に…というのは段階的に難しいと思ったので、まずは若者が政治を動かせる世の中になることを実現させて、そうしたら次は女性だろう、と。そうしてバトンを渡していける政治家になったら、例えば歴史の教科書なんかにも載るようになりますよね。「おときたから女性の政治社会が始まった」って。

私の目標は、40代で総理大臣になって、その後を女性にすることで歴史の教科書に載る。「あの時代から女性の権利が拡張したよね」と。死してなお評価される…つまり、歴史単位でモテる、ということですね。

みんなの介護 おときたさんは今32歳で、都議会議員に初当選した時は20代でした。その後、ブログやメディアでの発言が注目されるようになり、若者の目を政治に向けるという意味では、着々と階段を上っていますよね。

おときた 前にも言った通り、有権者の大半を高齢者が占めるようになって、若い人が声をあげないとズルズルと高齢者寄りの政策になっていってしまう、という危機感も大きいです。実は今、東京都議会議員の平均年齢が55歳くらいなんですが、これは衆議院議員の平均年齢よりも高いんですよ。東京都の人口構造から見れば、もっと若い人が中心になっていないといけないんですけど、国会議員より平均年齢が上という、結構いびつな構造になっているんです。

都議会議員というと、どうしても国会議員よりも注目度は低くなってしまいますし、だからある意味では「組織票」の選挙になってしまうんです。そうした組織票を持っているような、いわゆる“大物”の議員になると、いろいろなしがらみも多いですし、結局は議員が高齢者ばかりになってしまうんです。

みんなの介護 そうした都議会議員の中で、若手として気を吐いているわけですね。

おときた 例えばですけど、堀江(貴文)さんとかが世間からよく叩かれるじゃないですか。「あいつは金儲け主義だ」「弱者切り捨てだ」とか。でも、誰かが身を切る覚悟を持って痛みをともなうことをしないと、これからの社会がうまくまわらないことは、みんなわかっていることでしょう?そういう人を悪者にしないで、せめて若い世代は応援しないとダメじゃないかと思うんです。そうした若い世代のコンセンサスをとるのも、私の役目じゃないかと思っています。

地方創生は自民党が地方の票を確保するためのもの。政治的には極めて難しい政策 ▶