いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

「賢人論。」第8回(前編)おときた駿さんは「介護保険制度は今、 ただでさえ危うい制度上にいる。 そのことはみんなが 認識しないといけない」と語る

現在32歳。東京都議会議員として議員活動に精力的に取り組むかたわらで、ブロガーとしての情報発信にも積極的なおときた駿さん。歯に衣着せぬ物言いによって“炎上”という騒ぎに発展してしまうこともしばしばだが、「都議会議員の給与公開」「都知事候補者取材」など、あっと驚くような切り口での言及が注目を集めている。そんなおときたさんに、介護をはじめとした“社会保障体制の今、そして未来”についてインタビュー。いつものおときたさんの通りの、ストレートな主張に注目して欲しい。

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/伊原正浩

若い世代への負担が増えてきている現状は、決して看過できるものじゃない

みんなの介護 ネットを中心としたメディアでのおときたさんの発言を見ていくと、社会保障の中でも、介護よりも保育など将来世代の方に力を入れているようですね。それも、児童養護施設への思いの強さを感じました。

おときた 意識を強くし始めたのは1年半ほど前でしょうか。地元の東京都北区に児童養護施設があって、一回見に来てくれと言われていて。それまではあまり関わりがなかったんですが、そのときに社会的養護が必要な子どもたちというのを初めて見たんですよ。今でこそ「子育て支援」っていろんな政治家が言うようになってきましたが、そうした子どもたちへの社会的養護の分野はまだまだ取り組みが少ない部分でもあって、自分が動かなきゃという思いが強くなったんです。

みんなの介護 児童養護施設というと確かに、字面はよく目にするようであっても、実態はあまり知られていないですよね。

おときた いまだに「家なき子」のイメージが残っている人も多そうですよね(笑)。でも、実は日本に4万人もいて、成長の仕方次第で将来的にちゃんとした労働者、納税者になることを期待できると考えれば、そこに力を入れない理由がないですよね。実際のそうした子どもたちというのは、高卒や中卒で、年をとったらホームレスになったり…というケースが非常に多い。少し予算をかけるだけで劇的に改善できる部分だけに、そこに力を入れないのはもったいないと思うんです。

みんなの介護 そうした活動が高じて北欧やヨーロッパにまで視察に行かれたそうですね。

おときた そうなんです。そのおかげで私も非常に詳しくなりました。とにかく北欧は、「施設」というものがほぼないんですね。ほとんどが里親に預けられて、それを行政がサポートするという仕組みで。ヨーロッパのトレンドというのは、人権の尊重というスタンスから“脱施設”というようになっているんです。

みんなの介護 北欧の福祉が手厚いというのは有名な話ですよね。ただ日本の話になると、保育よりも介護の方が力の入れ方が手厚いですし、実際にかけられている予算もかなりの開きがありますよね。

おときた 以前の「賢人論。」で、乙武さんが「介護は待ったなし。この制度のままでは破綻が目に見えている」と仰っていたのを拝見しましたが、まさにその通りだと思います。国民的議論がないままに制度が進められているのは違うと私も思いますし、このままでは破綻してしまうんじゃないか?という不安はとてつもなく大きいです。

みんなの介護 具体的に、どのあたりに不安を感じますか?

おときた 大きな話で言うと、とにかく財源がなし崩し的にどんどん投入されている点ですよね。例えば介護保険料ひとつをとっても、昨年の改定で6,000円平均くらいにまでなってきて、もう数年後には1万円超えというのも見えてきている。そうしてどんどん、若い世代への負担が増えてきている現状は、決して看過できるものじゃないですよね。

ちょっとSFチックですけど、若い世代が反旗を翻して一斉に海外移住が始まったりしたら一気に崩壊するっていう…ただでさえ危うい制度上にいることだけは、みんなが認識しないといけないと思います。

シルバーパスの都の予算は年間170億円にものぼる。それは社会保障の体制として適正じゃない ▶