介護療養型医療施設(療養病床)とは

介護療養型医療施設(療養病床)とは

介護療養型医療施設は介護保険における施設サービスのひとつ。その名の通り、医療サービスに重点を置いた施設で、療養病床と老人性認知症疾患療養病棟という2種類があります。

療養病床は、主に療養上の医療を必要とする方のための施設で、病状が安定期にあり、長期間にわたる療養や介護が必要な方を入居対象。特養や老健よりも寝たきりなどの要介護度の高い方が多く利用しています。

一方、老人性認知症疾患療養病棟は認知症を患っている方の精神的・身体的な療養を目的にした施設となっています。

介護療養型医療施設(療養病床)の特徴

費用・料金について

有料老人ホームなどでは必要になる入居一時金は、介護療養型医療施設では必要ありません。入居後に必要な月額利用料には、家賃、食費、水道光熱費に加えて日常生活にかかる雑費などが含まれます。

月額利用料は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入、課税状況の他、相部屋か個室ユニットかの選択によって異なります。事前によく確認するか、わかりにくい場合はケアマネージャーなどに相談すると良いでしょう。

医療費負担が大きいため、特養や老健と比べると月額利用料が高くなるという特徴があります。

≫介護療養型医療施設の費用の詳細はこちら

入居の条件 要介護 入居期間 長期利用
入居一時金
(目安)
なし 月額利用料
(目安)
ユニット型個室:25万円
多床室(相部屋):9〜17万円

入居条件について

入居対象者は、原則65歳以上の高齢者で、要介護度1以上の方。病院での急性期の治療が終了し、病状が安定し、長期間の治療を必要とする方が対象となります。

入所の申請は、施設へ直接、申し込みます。その際、主治医の意見書・診断書を元に面談を行い、本人の健康状態や介護度などを鑑みた上で入所判断が行われます。

入居にあたっては、申し込んだ順番ではなく、より重度の医療措置をとらなければならない人が優先されます。

介護・看護について

医療ケアを行う看護師や、リハビリ担当の理学療法士、健康管理を行う管理栄養士など、各種の専門スタッフによって生活サポートが提供されます。

医療ケアに関しては当然、万全の体制が敷かれており、痰の吸引や胃ろう(胃に穴を開けて直接、栄養や水分を送り込む方法)、鼻チューブによる栄養供与、酸素吸入といった高度な医療が必要な高齢者が多く利用しています。

施設内での活動内容について

療養上の医療ケアを受け、身体機能の回復を目指します。と同時に、積極的にリハビリなどの機能訓練を受け、在宅での自立した生活への復帰を目指します。

医療ケアやリハビリが中心となるため、レクリエーションなどのイベントに関しては、特養ほどは充実していません。基本的には、体を動かさずとも身体的な刺激につながるような、「音楽を聴く」「紙芝居を見る」といったレクリエーションを行なっている施設が多いようです。

施設設備について

4〜6人程度の相部屋が主流です。ユニット型個室タイプの施設もあることはありますが、数は非常に少なく、また費用が高額になります。

療養病床は廃止の方向 受け入れは新型老健

介護療養型医療施設とは介護保険が適用される施設サービスなのですが、一方で医療保険が適用される医療保険型療養病床との区別がはっきりしないという難点があります。また、医療や看護を必要としない入所者が多く占めており、長期的な医療コストや社会保障費の圧迫などの理由により、平成29年度をもって廃止されることが決定しています。

平成30年度以降は、老健よりも医療面に充実した「新型老健」と呼ばれる新しい介護施設への転換が予定されています。

ページトップへもどる
老人ホーム・介護施設検索はみんなの介護