グループホームとは

グループホーム(認知症対応型老人共同生活援助事業)とは

グループホームとは、「病気や障がいによって一般的な生活が困難な人たちを、専門のスタッフの支援によって一般の住宅で集団生活するもの」というのが一般的な定義です。その中で高齢者に限って言えば、認知症対応型となる「認知症対応型共同生活介護」を指すことが多くあります。

認知症を患っている高齢者が、専門の介護スタッフの援助を受けながら1つのユニット(5〜9人)で共同生活を送るのがグループホーム。

「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれ、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を分担しながら、自立した生活を送ります。家庭の団らんを楽しみながら、自宅で過ごすのと同じような雰囲気での生活を送れるのが最大の特徴です。

グループホームの特徴

費用・料金について

月々にかかる費用は、家賃・食費・光熱費、介護保険の1割自己負担額の他に、おむつ代などのその他の雑費。それぞれは施設の契約プランや部屋のタイプ、介護度によって異なり、さらには入居一時金や保証金が必要になる場合もあります。

入居一時金が100万円、月額利用料が15〜20万円といったあたりが相場。大都市では少し高めになる場合もあるようですが、有料老人ホームよりは比較的低額で利用することができます。

入居の条件 要支援2 要介護 入居期間 原則、終身利用
入居一時金
(目安)
0〜数百万円 月額利用料
(目安)
15〜30万円

入居条件について

入居対象となるのは、原則として65歳以上で、要支援2または要介護1以上の介護認定を受けている方となります。また、グループホームは地域密着型サービスの一つとなるため、施設と同じ市区町村内に住民票がある方が入居対象になります。

介護・医療について

認知症についての正しい知識を持った介護スタッフが常駐し、入居する高齢者の精神的な安定や、自立支援を目的とした介護サービスが行われます。

一方で、医療ケアは行われていないため、感染症患者や重度の介護が必要な方で共同生活を送ることが困難な方は、入所が難しい場合があります。また、入所時から比べて身体状況が悪化して共同生活ができなくなったり、入院期間が長くなったりした場合には、退去しなければならない場合もあります。

なお、入所の際には審査が必要になり、面談や診断書から本人が入所基準を満たしているかどうかを判断しています。

施設内での活動内容について

「認知症だから◯◯はできない」ではなく、「認知症だけれど、●●をしよう」という、前向きな姿勢が基本のスタンス。そのため入居者は、介護サービスや生活支援サービスを受けながら、食事や掃除、洗濯を自分たちで行い、共同生活を送ります。

日常の共同生活の他には、リハビリやレクリエーションなどの機能訓練を通して、認知症の改善を図ったり、進行を緩やかにしたり。あくまで“普通の生活”を送りながら、健康的な暮らしができるような対策が採られています。

施設設備について

共同生活とはいえ、利用者は個室での生活を送ることになります。個室内の設備は施設によって様々ですが、お風呂とトイレは基本的に設置されています。

もちろん、レクリエーションを行う共用スペースもあります。一人での時間を楽しみたい時は自室で、入居者同士のコミュニケーションを図りたいときは共用スペースへ…と、利用者の思うままの自由な生活が楽しめます。

ページトップへもどる
老人ホーム・介護施設検索はみんなの介護