いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

歌・音楽のレクリエーション

歌・音楽を使った高齢者向けレクリエーションの長所と効果

心を動かし脳も活性化する音楽レクリエーション

心を動かし脳も活性化する音楽レクリエーション

老人ホームや介護施設で人気のレクリエーションのひとつが歌や音楽を使ったレクリエーションです。

歌を歌うことは、ストレス発散になるだけでなく、肺を使うので心肺機能のトレーニングにも繋がります。また、懐かしの音楽を使うことで若い頃を思い出して気持ちが若々しくなったり、高齢者にとっては回想法などのエッセンスも入っているため、脳が活性化したりと、認知症ケアや認知症予防にも繋がる効果があるという報告もあるほどです。

リズムを感じながら体を動かせば、機能維持にも繋がりますし、仲間と楽しい音楽に触れる時間は社会性を取り戻し生活の質が向上するという効果もあります。

こうした音楽の持つ特性を利用して高齢者のケアにおいて全国でも広がりつつある音楽療法は、心身の回復や機能維持、生活の質の向上などを図るケア療法として多くの効果があるため、是非積極的に音楽を使ったレクリエーションを取り入れてみましょう。

童謡・わらべ歌などを歌う

概要

音楽を取り入れたレクリエーションで最も基本的なのが、歌を歌うというものです。懐かしい昔の歌を歌うことは、昔を思い出すことにつながります。こうした行為は脳を刺激し記憶力などを活性化するだけでなく、音程やリズムなどの感覚を使うことで様々な器官を刺激することにも繋がります。

ケアする側として、歌う声量、音を聞く様子、歌詞の理解などから高齢者の健康状態を読み取ることもできますから定期的に取り入れたい時間です。

<遊び方の手順>
準備するのは、歌詞カードとカラオケ音源や歌の入ったCDなど。歌詞を見ながら歌ってもいいですし、何回か歌詞カードを見ながら歌ったら、歌詞の一部を空白にしたカードにして歌詞を覚えているかどうかチャレンジしてみることもできます。
選曲は、誰もが知っているものの方が全員が参加することもできますが、高齢者の方の思い出を引き出すなら、カラオケ設備などを使って順番にマイクを回していってもいいでしょう。

進め方のコツ

人前で歌うことが苦手な高齢者の方も少なからずいらっしゃいますから、歌う際は無理強いせずに、本人の意志を尊重しましょう。音楽は、歌うだけでなく聞いているだけでの心を癒すもの。リズムに乗ったり、情景を思い浮かべたりするだけでも高齢者の心にいい効果をもたらします。

ふるさとソング&スケッチ

概要

音楽を聞きながら絵を描くレクリエーションが脳トレにもつながる

音楽を聴きながら、その歌詞から浮かび上がった情景を自由に絵に描くレクリエーションです。「ふるさと」などの歌であれば風景が歌詞にも歌われ、イメージがしやすいのでおススメです。

絵の上手い、下手ではなく高齢者の心の中から浮かび上がってきた情景を絵という形で開放してあげることが目的です。音、リズム、歌詞に加えて絵が高齢者の方の感覚を刺激して、脳トレにもつながります。

<遊び方の手順>
用意するものは画用紙と色鉛筆やマジック、クレヨンなど絵が描けるものと、音楽です。童謡など懐かしい情景が思い浮かびやすい音楽を選びましょう。
まずはみんなで一緒に童謡を歌います。歌詞が1番から3番まである場合は、最後まで歌いましょう。歌い終わったら、その歌を思い出しながら一人一人自由に絵を描いていきます。
情景を思い浮かべて描いたり、他の人とおしゃべりをしたりしながら絵を描く時間はコミュニケーションも活性化され、周りの人と触れ合うこともできます。

進め方のコツ

描き上がった絵を、音楽を流しながら見せあう時間があってもいいでしょう。レクリエーションで何かをつくりあげることは、高齢者の方にとって達成感を味わうこともできるので、より楽しかったという印象が残りやすくなります。

また、色々な色のペンや色鉛筆、クレヨンなどを用意し色彩と音楽が脳を活性化する環境も整えてあげましょう。

「もしもし亀よ」8421体操

概要

童謡「もしもし亀よ」のリズムに合わせて歌いながら自分の肩を叩いていく体操です。歌うだけでなく、体と頭を使うことができるので脳トレ効果もあるレクリエーションです。

<遊び方の手順>
「もしもし亀よ」を歌いながら、右肩を8回、リズムに合わせて叩きます。右肩を叩いたら左肩を8回。続けて「右肩4回、左肩4回、右肩2回、左肩2回、右肩1回、左肩1回」という風に、8、4、2、1回ずつ左右の肩を叩いていきます。最後は、歌が終わると同時に両手を「パン」と胸の前で叩きましょう。
歌を歌う、リズムに合わせる、数を数える、肩を叩くことを同時に行うことで体と頭、心を活性化します。

進め方のコツ

最初は難しいと思いますので、スタッフが向かい合わせになって見本を見せながらやってみましょう。ゆっくりはじめて、慣れてきたら普通のスピードにしていくなど、何回かやってみるといいでしょう。

童謡カルタ

概要

童謡かるたのレクリエーションはゲームの要素も手伝ってレクリエーション

高齢者の方なら誰もが知っているような童謡を使ってカルタをしていくレクリエーションです。歌を聴いて、その童謡の最後の歌詞が描いてある札を取り合います。札に点数を描くことで、ゲーム的な要素も加わり、楽しみながら頭と体を使うことができます。

<遊び方の手順>
まずは、童謡の最後の歌詞がかかれた札を用意します。高齢者の方も見やすく、取りやすいように、段ボールや画用紙で大きめの札を用意しましょう。
難易度を上げるために、いくつかの札には歌詞の2番や3番などと書いておくとレクリエーションにもドキドキ、ハラハラの要素が加わり楽しめます。
まずは、カルタを床やテーブルに並べ、音楽を順番に読み手が歌っていきます。参加者は、最後の歌詞を思い出しながら札を探し取っていきます。

進め方のコツ

カルタの札の裏に、得点を書き、最後に取った札の合計点で競い合うようにすれば、単純に取った枚数ではなく点数で勝ち負けが決まるので、最後まで勝負の行方が分からずスリルが増します。

歌の好きな高齢者の方に順番に読み手になってもらうなど、高齢者の方それぞれの得意分野を引き立てることもできます。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!