いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

ゲームのレクリエーション

ゲームを使った高齢者向けレクリエーションの長所と効果

高齢者同士の交流も楽しめるゲームレクリエーション

高齢者同士で楽しめる老人ホーム・介護施設で行われているレクリエーションについて

介護施設や老人ホームで行われるレクリエーションの中でも、参加する高齢者の方同士のコミュニケーションが深まり、楽しみながら参加できるゲーム系のレクリエーションは多くの施設で取り入れているのではないでしょうか?

脳トレなどの要素を取り入れたものももちろんですが、体を動かすことができる要素も取り入れれば運動量の低下しがちな高齢者の方が楽しめるリハビリ効果も得られるレクリエーションとなります。

また、ルールの工夫やグループ分けの工夫で身体機能に個人差があっても参加しやすくなることもありますから、参加人数や場所に応じて、グループで実施できる集団レクリエーションの良さを活かして笑顔あふれる和気あいあいとした時間を作ってみましょう。

このページでは、ゲームの要素を取り入れた高齢者向けレクリエーションを5つほどご紹介していきたいと思います。

物送りゲーム

概要

物送りゲームは、身近にある様々なものを、隣の人に手渡していく動作を取り入れたゲームです。20人ほどのグループで実施できますので、食堂やホールなど比較的広いところで行いましょう。

遊び方の手順

<準備>
まず、ゲームに必要なものは物送りをする際に使う物品です。コップやタオル、新聞紙、お手玉など身近にあり手で持ちやすいものを選びましょう。5つほどあればOKです。また、物送りをしたものを入れるかごも用意しましょう。かごがなければ段ボールなど物を入れられる箱があれば代用可能です。
10人ほどのチーム2つを作り、向かい合って2列に座ります。各チームの列の端に物を入れたかごをひとつずつ置き、そこをスタート地点とします。また、列の反対側の端をゴール地点とし、空の箱を置きます。
<ルール>
ルールはとても簡単。スタート地点からかごの中にある物品をまずひとつ隣の人に手渡していきます。隣の人にどんどん手渡していき、ゴールの人が物品を受け取ったら置いてあるからのカゴの中に入れます。
ゴールの人は空のカゴに物品を入れたらスタート地点にいる人に片手を挙げて知らせます。スタート地点の人はゴールの人の合図があったら次の物品を同じように手渡します。
スタート地点に置いたカゴの中に入った物品全てを送り終えたら、ゴール地点の人は両手を挙げてゴールです。2つのチームのうち、早く5つの物品を送り、ゴールしたチームが勝ちとなります。

進め方のコツ

難易度を上げたいのであれば、物品の代わりにコップに水を入れたものを使ったり、うちわに物品を乗せて送ったりするなど変化を付けてもいいでしょう。

参加者同士がコミュニケーションをとれるように、隣の人に物品を渡す際に声をかけていくようにすると盛り上がります。ただし、使う物品は万が一落としてしまっても壊れたりしないものを使って安全対策を心がけましょう。

石とりゲーム

概要

高齢者の石を使ったゲームのレクリエーションについて

外出レクリエーションと室内のレクリエーションの繋がりを持たせたゲームです。2人1組で取り組めて、チーム戦もできますので、人数に合わせて実施してみましょう。場所は広場、グラウンドなど広い場所がおすすめです。また、車椅子の参加者がいる場合は、テーブルの上でも行うことができます。

遊び方の手順

<準備>
用意するものは、外出レクリエーションなどの際に拾ってきた小石。裏に1〜10の数字をそれぞれ書いたものを1セットとして参加ペアの数だけ用意しましょう。油性ペンで書く以外にも、数字シールを貼っても良いでしょう。小石は、できるだけ平たいものが数字も書きやすくておすすめです。
<ルール>
2人1組でペアを作り、1〜10の数字が書かれた小石を、数字が見えないようにして地面やテーブルに置きます。
ジャンケンで勝った人から順番に石を拾い上げ、その石に書かれた数字の点数が自分の得点となります。5回ジャンケンをして拾い上げた5個の石にかかれた点数の合計点が多かった方が勝利です。

進め方のコツ

チーム対抗戦とする場合は、置く石の数を増やしてグループの合計得点で競い合います。使う石は、ケガをしないように尖っているものや重いものを避けるようにして安全に行えるように配慮しましょう。

スプーンでポイ

概要

スプーンとビー玉などを使った高齢者用のゲームのレクリエーション

テーブルの上に置いた箱の中にビー玉やパチンコ玉、碁石などを入れスプーンですくって牛乳瓶に入れていくゲームで、個人でもチームでも取り組めるゲームです。細かいものをスプーンにすくって移動させる動作は集中力や手と目の協調性、手指の巧緻性をトレーニングすることができます。

遊び方の手順

<準備>
用意するものは、お菓子箱のフタやトレイなどビー玉やパチンコ玉を入れられる箱と、牛乳ビン(若しくはペットボトル)、スプーン、すくうもの(ビー玉、パチンコ玉、碁石、豆など)です。事前にお菓子箱のフタの真ん中にテープなどで牛乳ビンを固定しておきます。
透明なビンを使う場合、飲み口の部分が分かりやすくなるよう色を塗ったりビニールテープなどを貼ることで認知しやすいように工夫をしておきましょう。
<ルール>
牛乳ビンが真ん中に固定されたお菓子箱のフタの中にビー玉やパチンコ玉などを散りばめていれます。参加者はスタートの合図とともに、スプーンでビー玉やパチンコ玉をすくい、牛乳瓶の中に入れていきます。箱の中のビー玉やパチンコ玉が全て牛乳瓶の中に入れられたら終了です。
チームで競う場合、早く牛乳瓶の中に全てを入れられた人が勝ちとなります。ゴールしたら、牛乳瓶に割り箸を立てるなどすると達成感が味わえます。

進め方のコツ

ゲームに取り組む場合、最初は散りばめるビー玉などの量を少なめにするとゴールもしやすく楽しめます。また、スプーンですくいにくい丸いビー玉やパチンコ玉が難しい場合は、碁石などすくいやすいもので行ってみましょう。

上肢の上げ下げのトレーニングにも繋がりますので、牛乳瓶の代わりに高さの違うペットボトルなどを使ってみてもいいでしょう。

脱出させろ

概要

紐やテープ・お手玉などを使った高齢者用のゲームのレクリエーション

紐やテープなどで床に円を書き、その中に置かれたボールにお手玉を当てることで円の外に出すゲームです。投げる動作により上肢を動かしますので、筋力維持などのリハビリ効果も期待できるほか、チーム戦とすることで判断力や協調性なども養うことができます。

部屋の広さに応じて1チーム5〜10人として、いくつかのチームを作って対抗戦をしてみましょう。

遊び方の手順

<準備>
用意するものはボールをエリアとなる円を作れるもの(フラフープやホース、紐、テープなど)と、ボール(バレーボール、コーティングボールなど)、お手玉です。身体機能や介護度に合わせてボールエリアの広さやボールの大きさを工夫することで、難易度を調整することができます。
<ルール>
参加者がボールの置かれた円の周りに座り、一人3〜5個のお手玉を持ちます。リーダーのスタートの合図と同時にボールエリアからボールが出るよう、お手玉を一斉に当てていきます。チームで投げる方向などを協力して早くボールを円の外に出したチームが勝利となります。

進め方のコツ

ボールエリアの大きさや、投げる位置などにより難易度が変わってきますので、事前に参加する高齢者の身体状況に合わせて検討しましょう。ボールエリアを小さくすることで難易度を下げられます。

ゲームに変化をもたらしたいなら、ボールエリアと床との間にフラフープのようなもので段差をつければボールが出るか出ないか…といったハラハラ感も楽しめます。また、投げたお手玉が他の人にあたらないような配慮も必要です。

ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!