いいね!を押すと最新の
介護ニュースを毎日お届け

介護の問題・トラブル

介護を取り巻く様々な問題とは

介護業界全体の効率化・スマート化が課題に

介護業界全体の効率化・スマート化が課題になっている現状について

介護…とひとことで言っても、そこには様々な問題が潜んでいます。介護を必要とする高齢者の増加、介護職員の人手不足や待遇の改善、その解決のひとつとしての介護ロボットの導入、介護にかかる費用、要介護者の虐待、高齢者の孤独死etc。

こうして課題をひとつひとつ挙げていくと気が滅入ってしまいそうではありますが、これが現実。そのポイントは、ひとえに介護業界全体の状況改善と言っても過言ではないでしょう。

介護とは、体の機能が低下した高齢者に対して、高齢者自身の尊厳を大切にしながら、QOL(=生活の質)の維持・向上を図りながらお世話すること。業務自体に大きな生産性を見出しづらいのは確かなことであり、かつ介護保険という公的な市場にあるため費用設定にある程度の制限が設けられることから、厳しい市場であるのは致し方のないことかもしれません。

しかし、だからこそ効率化を図って介護業界自体をスマート化し、生産性を上げるのが大きな使命。それこそが要介護者にとって、そして介護職員をはじめとする介護者にとって幸せを感じられるような介護ライフを実現する手立てと言えるでしょう。

そこでここでは、介護を取り巻く様々な問題の現状や、それを解決するためのポイントについて、各種のデータから紐解いていきます。もしかすると、皆さんの身の回りにある介護問題を解決するヒントが隠れているかもしれませんよ?

介護の問題・トラブル・インデックス

介護難民にならないために
社会問題として、介護が必要なのに施設でも在宅でも適切な介護サービスが受けられない高齢者、いわゆる介護難民の問題が話題となっています。
いざ自分が介護難民にならないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?その工夫や家族のサポートなどについて解説しています。
介護ロボットの今後について
介護ロボットの開発、生産、販売をする企業が産官学連携ベンチャーという形で創設されるなど徐々にではありますが、私たちにとって介護ロボットが身近なものとなってきています。
介護ロボットは、介護事業者および、家族として介護を行っている方に対して、介護負担を軽減する効果が見込めるため、ずいぶん前から注目されてきていました。ここでは、こうした介護ロボットの現状と、今後の展開について見ていきます。
ケアマネージャーの本音と実態
ケアマネージャーは、介護保険に関する知識も深く、現場のことをよく知った上で、要介護者・要支援者の快適な介護生活をサポートしてくれる大切な存在です。
一方で、その業務内容ゆえに求められる能力は高く、「給料が見合っていない」といった現場の声があるのも事実。そこでここでは、ケアマネージャーを取り巻く実態と本音についてご紹介してみたいと思います。
老老介護・認認介護を知ろう
高齢化を迎えた日本において、高齢者を高齢者が介護するいわゆる“老老介護”は、既に珍しいものではなくなってきました。また、認知症高齢者が同居する認知症高齢者の介護を行う“認認介護”も、老老介護と同様に近年増えつつあります。
そこで、現在問題となっている老老介護と認認介護について、理解を深めていきましょう。
高齢者虐待の防止について
厚労省が発表する資料によると、高齢者虐待は2012年度には約1万5000件。把握できているだけでもこれだけの高齢者が虐待に苦しんでいます。
高齢者にとっても介護者にとっても不幸な事態にならないよう、高齢者虐待を防止するための、高齢者の暮らしをしっかりと見守る社会体制の構築などについて考えてみました。
高齢者の孤立・孤独死を考える
一人暮らしをしている高齢者の数は年々増加の一途をたどり、「国勢調査(平成22年)」では65歳以上の高齢者のうち男性で10人に1人、女性で5人に1人が一人暮らしをしていることが明らかになっています。
そんな社会情勢の中、多くの高齢者が直面している「社会からの孤立」「孤独死」といった問題について、孤独死者数や一人暮らし高齢者世帯数の推移など、各種のデータから客観的に考察してみました。
介護離職の増加 理由と対策
厚労省が実施している「就業構造基本調査(2012年)」によると、2011年10月から2012年9月の1年間だけでも、介護を理由に介護離職をした人は10万人以上にものぼっています。
介護と仕事の間で苦しむ人の選択肢は、本当に介護離職しかないのでしょうか?日本社会が抱える問題について、介護離職者数や再就職までの期間などのデータから、介護離職にまつわる問題について考えていきます。
高齢者の生活保護について
年金支給額の減少や子供と世帯を別にする単身、若しくは高齢者のみの世帯の増加によって、近年高齢者の生活保護受給者が急増しています。
今後、非正規雇用で働く人たちの多くが年金受給世代に入ることもあり、年金支給額も少なく老度の蓄えも満足にできていない人が今後増々増えてくると予想さ れています。だからこそ、ここでは高齢者が生活保護を受給する際には一体どうしたらいいのかについて、見ていきましょう。
死生観を考える
日本は世界のトップレベルの長寿国として知られ、厚労省が発表する「高齢社会白書(2014年)」によると、2012時点での平均寿命は男性で79.94歳、女性で86.41歳となっており、2060年には日本人女性の平均寿命は90歳を超えると予想されています。
平均寿命が伸びているなかで、私たちは高齢者として生きる時間がかつてより長くなっています。そして人間は、いつか最期のときを迎えます。そうしたときに困ったり後悔したりすることがないよう、ここでは老いと死について、そして死生観について考えてみましょう。
増加する成年後見人トラブル
「成年後見制度」は認知症などの脳障害および精神障害・知的障害などの理由で、自己判断能力が難しい方々を、成年後見人を選出して守り、サポートしていくための制度。とても素晴らしい制度なのですが、反面、この制度を利用したトラブルが発生しています。
大切な財産を任せる「成年後見人制度」だからこそ、トラブルに発展しないようにしっかりと制度のメリットとデメリットを認識しておきましょう。
ページトップへもどる
No.1に選ばれました!楽天リサーチ調べ

全国の老人ホーム・介護施設を探す

物件数No.1 空室情報をリアルタイム更新

有料老人ホーム・介護施設の最新の空き状況から一発検索
老人ホームの種類費用、人気の介護施設のランキング
資料請求・見学・相談、全て無料!エリア・路線の相場情報も公開!